スバルの親会社、富士重工が創立60周年 スバルの歴代モデルをギャラリーで!
Related Gallery:


スバルブランドを展開する富士重工業が、7月15日で創立60周年を迎えた。同社は1917年に中島飛行機研究所として創設。その後、中島飛行機、富士産業と改称し、終戦後の1950年に解体、12社に分割されたが、そのうちの5社が集結し、1953年7月15日に富士重工業が設立された。

富士重工業は、1958年には国産初のジェット練習機の初飛行に成功すると共に、モノコックボディとRR方式を採用した軽乗用車「スバル360」を発売した。コンパクトながら実用性を兼ね備え、手頃な価格の同車は一般大衆に広く歓迎され、日本での自家用車の普及に貢献。同社はその後、縦置き水平対向エンジンとFF方式を採用した「スバル1000」を発売し、1971年には、さらにAWDを組み合わせた「レオーネ」を発売。これらの3モデルを経てスバルの特徴である水平対向エンジンとシンメトリカルAWDレイアウトの基礎が誕生することとなる。

以降、ステーションワゴンブームを牽引した「レガシィ」や、「インプレッサ」といった主力モデルを発売。インプレッサのスポーツモデル「スバル インプレッサ WRX STI」にはドライバーズコントロールセンターデフ(DCCD)などスバル独自のメカニズムを採用し、世界ラリー選手権(WRC)でもその実力を証明してきた。

それでは、さっそくスバルの歴代の車をフォトギャラリーでチェックしてみよう。詳細が気になる方はプレスリリース(英語)も併せてどうぞ。

By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:


【PR】スバルの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:Porsche Cayenne e-Hybrid plug-in (fotos espía)

Related Gallery:nikon coolpix p80

Related Gallery:Media coverage of missing Malaysian plane

Related Gallery:Office for iPad screenshots


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:ASUS UX Series ultraportable notebooks

Related Gallery:ViewSonic ViewPad 7x

Related Gallery:Qualcomm twins show girls

Related Gallery:Shuttle tablets at Computex 2011

Related Gallery:Pretec Booth(Lots of Affordable SSD)