【スパイショット】見た目はロータス(?)なルノー「アルピーヌ」をキャッチ!
ドイツのニュルブルクリンクで、ロータス「エキシージ」を大幅に改造したモデルが走行する姿がキャッチされた。このモデル、実はルノーの「アルピーヌA110-50」のテスト車両で、スウェーデンのサスペンション・メーカー、オーリンズによる、シャシーのテスト走行中だったそうだ。

ロータスに扮したこのA110-50は、噂によれば、ミッドシップで270hp の1.6リッター、4気筒ターボエンジンを搭載するという。ちなみにこの日は、A110-50以外にも、メガーヌRSクリオ(日本名:「ルーテシア」)といった、ルノー・スポールの主要パフォーマンスカーも目撃されており、ルノーのA110-50市販化にかける意気込みが伝わってくる。

アルピーヌA110の復活が待ち遠しいばかりだが、続報が入り次第お伝えしたい。

By Damon Lowney
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Cute Guys With Dogs


【PR】アルピーヌの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:SonyEricsson P1i 成像

Related Gallery:

Related Gallery:HP Slate 2

Related Gallery:UFC 171

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:old dv6 Bench

Related Gallery:HTC Sensation 4G

Related Gallery:Windows Phone 7 platform updates from MIX 11

Related Gallery:Samsung Galaxy S II camera samples

Related Gallery:ViewSonic ViewPad 7x