英BBCの自動車番組『トップ・ギア』の司会者で、これまで数えきれないほどの問題を起こしてきたジェレミー・クラークソン。そんなジェレミーが、昨年に引き続き2年連続で、英の公共放送局BBCが支払ったギャラが最も多かったタレントだったことが判明した。

イギリス紙『The Guardian』によると、ジェレミーが昨年得た収入は合計で約21億円だという。目もくらむような金額だが、このうちBBCが支払ったギャラは約1.5億円程度。その他の収入源は、BBCとジェレミー、トップ・ギアのエグゼクティブ・プロデューサーであるアンディ・ウィリアムが2006年に設立した、番組の著作権を保有するBedder 6という会社で、同社の株を30パーセント保有していたジェレミーに、約7.4億円の配当金が支払われた。また、昨年9月にジェレミーがBedder 6で保有していた株の全てをBBCに売ったため、さらに約12.7億円もの収入を得たという。

あまりの金額に、厳しい財政状況に苦しんでいるイギリス国民からは非難の声が上がりそうだが、何もジェレミーばかりを責めても気の毒のようだ。BBCはBedder 6を約24.7億円で買収し、その後約11.4億円の配当金がBBCに支払われており、またトップ・ギア関連のライセンス収入の100パーセントを受け取ることができるので、どちらかと言うとBBCが美味しい思いをしているといった具合なのである。

しかしこの状況は、ファンにとっては返っていい知らせかもしれない。BBCによれば、この買収によってトップ・ギアの未来は保証されたようなものだという。ホストたちが新たに出演契約を3年更新したこともあり、まだしばらくはトップ・ギアを楽しめる日々が続きそうだ。

By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ジェレミーの年収をうらやむ前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!


<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:McLaren MP4-12C at the Top Gear Test Track Photos

Related Gallery:2014 Mazda3 on Top Gear Russia Photos

Related Gallery:Top Gear in Israel

Related Gallery:Top Gear Doomsday Drive Photos

Related Gallery:Top Gear Live Deadly 720 Photos


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Shanghai 2009 Sweet china showgirl

Related Gallery:2010 Toyota Grand Prix of Long Beach Grid Girls

Related Gallery:Martini Girl in Monaco

Related Gallery:Shanghai 2009:Cute china showgirl

Related Gallery:Shanghai 2009:Sweet china showgirl