イタリア半島を縦断するクラシックカー・ラリー「ミッレミリア」。5月に行われた今年の大会には、辛口自動車評論家のクリス・ハリスジャガーで参加し、そのハイライトを映像で紹介している。

ジャガーはミッレミリアの常連で、同社の75周年となった2010年には27台をエントリーさせたほど。新型「Fタイプ」を祝した今年のミッレミリアでは、エントリー台数は少々減ったものの、俳優のダニエル・デイ=ルイスや人気モデルでイギリス出身の有名人ヤスミン・ル・ボンといった豪華な顔ぶれがジャガーのドライバーとして参加した。クリス・ハリスはレーシングドライバーのアレックス・バンコムと共に、往年の名ドライバー、ファン・マヌエル・ファンジオがかつて所有していたというジャガー「Cタイプ」に乗り込んだ。



コースはいくつかのセクションに分けられており、各セクションの走行時間やマシンの走行速度は前もって決められているため、ドライバーはそれに従わなければならない。今回の大会でも、決められた時間よりも90分も早くチェックポイントに到着してしまったため、車内で1時間待つはめになった参加者も。ちなみに参加者の平均睡眠時間は約4時間とスケジューリングされているので、ドライバーたちの体力も勝負のカギとなっている。



映像は約19分と長めだが、ラリーに先立ち、ミッレミリアに集結した見事なマシンも垣間見ることもできる。それでは早速Cタイプで挑んだラリーの映像をチェックしてみよう。




By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ジャガー Cタイプの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!


<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Paris 2010 Jaguar C-X75 Concept Photos

Related Gallery:Jaguar C-X16 Concept: Frankfurt 2011

Related Gallery:Jaguar Project 7 Concept Photos

Related Gallery:Jaguar at the Playboy Mansion

Related Gallery:1961 Jaguar E-Type


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Tokyo autosalon 2013 girls 09 04

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 09 03

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 09 02

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 09 01

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 08 04