スズキは16日、ワゴン・タイプの軽自動車「ワゴンR」および「ワゴンR スティングレー」を一部改良し、「30km/リッター」という軽ワゴンNo.1の燃費を達成したと発表。衝突被害軽減ブレーキや誤発進抑制機能などの先進の安全技術も搭載可能となり、同日より発売されている。

Related Gallery:

 
5代目となる現行型「ワゴンR」が、スズキ自慢の減速エネルギー回生機構「ENE-CHARGE(エネチャージ)」などの環境技術を搭載して発売されたのは2012年9月のこと。この時、やはり今回と同じように「軽ワゴンNo.1」を謳った燃費は28.8km/リッターだった。すると3ヶ月後、ライバルのダイハツから新型「ムーヴ」が、29.0km/リッターという「クラストップの低燃費」を掲げて登場。おまけに「軽自動車初」となる衝突回避支援システム「スマートアシスト」を採用してきた。それから7ヶ月。差を付けられたスズキのエンジニアたちはライバルに"追い着き追い越せ"と努力されたに違いない。今回発表されたワゴンRの一部改良ではムーヴをさらに凌ぐ燃費を達成すると同時に、同等の安全装備を用意してきたのだった。



今回、ワゴンRの燃費が28.8km/リッターから30km/リッターに向上した(自然吸気モデルの前輪駆動車・CVT仕様)と聞いて、また何か新たな環境技術が採用されたのか...と思ったが、実は特に革新的な"飛び道具"が発明されたわけではなかった。改良前の同モデル・同グレード同士でスペックを見比べてみても、車両重量は変わらず。燃料タンクの容量が減っている、なんてこともない。スズキの発表によれば、R06A型エンジンの「タイミングチェーンを細幅化することで軽量化に貢献するとともにフリクション(摩擦抵抗)を低減」したり、「VVTなどエンジン制御とCVT制御を最適化し、よりエンジン効率の良い走行を可能と」したり、「エンジンアンダーカバーの追加による空気抵抗の低減(NA 2WD CVT車のみ)」を図ったりなど、地道な改良の積み重ねだったことが分かる。その結果、フルタイム4輪駆動のCVT車でも27.8km/リッターから28.4km/リッターへ、5速MT車やワゴンR スティングレーに設定されているターボ車も0.2km/リッターずつ燃費が向上している。



さらに今回の一部改良では、レーザーレーダー(上の画像)を使って前方を検知し、衝突の危険があると判断された場合に自動的にブレーキを作動させる「レーダーブレーキサポート」や、ペダルの踏み間違いによる誤発進を抑制する機能も装備することが可能になった。これらの装置は、高速走行中に急ブレーキを踏むとハザードランプが自動的に点滅する「エマージェンシーストップシグナル」や、タイヤのスリップ・横滑りを抑制する「ESP」と呼ばれる車両走行安定補助システムとセットで、4万2,000円のオプション(最廉価グレード「FX」の場合は運転席シートリフター、チルトステアリングもセットで5万400円)となっている。ただし5速MT車には装着不可。

価格は基本的にこれまでと変わらず。ワゴンR スティングレーの「X」グレードのみ税抜き1万円ほどアップしている。同時に上記の安全装置一式や15インチ・アルミホイール、ディスチャージヘッドランプなどを装備し、特別設定色のボディ・カラーとブラック基調のインテリアが組み合わされた「ワゴンR 20周年記念車」も発売された(下の画像)。



本日の発表はそれだけで終わらない。「MRワゴン」にもワゴンR譲りの改良型エンジンやエネチャージを搭載することで、ワゴンRと同じく30km/リッターを達成(自然吸気・前輪駆動モデル)。さらに派生モデルとして「若年女性に好まれるエレガントなデザインと上質な室内空間を特長」とするとスズキがいう「MRワゴン Wit」も発売(先代型には同名のモデルがあったため、復活ともいえるが)されている。ターボはこちらのみの設定となった。



いったいどこまで続くのか、スズキ対ダイハツの軽自動車競争。装備と燃費が向上するとなれば、消費者にとっては競い合ってくれた方がいいわけだが、争いが過熱するあまり、耐久性やドライバビリティなどカタログに現れない点が犠牲になっては困る。これだけの装備が付くこんな小さな(そのわりに室内が広い)クルマが、こんな価格でしかも様々なメーカー/モデルから選んで買えるのは日本だけという幸せを噛みしめつつ、ユーザーとして厳しい目を持ち最良の選択したいものである。各モデルの詳しい情報は以下のリンクから公式サイトをどうぞ。


スズキ ワゴンR
スズキ ワゴンR スティングレー
ススギ ワゴンR 20周年記念車
スズキ MRワゴン
スズキ MRワゴン Wit


Related Gallery:

 
Related Gallery:

 
【PR】ワゴンRの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

 
Related Gallery:Samsung NC10 NetBook

 
Related Gallery:10 Cool Facts About Corgis

 
Related Gallery:Engadget@2007 ChinaJoy(1)

 
Related Gallery:ASUS G55/G75, imágenes oficiales

 
<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Kia Picanto

 
Related Gallery:Mazda Hakaze

 
Related Gallery:Maserati GS Zagato

 
Related Gallery:Chevrolet Aveo (tres puertas)

 
Related Gallery:Mercedes G230 se accidenta