【レポート】「言うこと聞け!」 フランスがメルセデス車の新車登録を拒否
EU委員会は、次世代のカーエアコン用冷媒について、現行の「R-134a」に比べて温室効果ガス排出による地球温暖化への影響の少ない「R-1234yf」の使用を認可し、新型車にR-1234yfを使うよう決定した。しかし、ダイムラーとフォルクスワーゲンは、R-1234yfには衝突時に引火する危険性があるばかりでなく、発火時に毒性のフッ化水素ガスを放出する可能性があると主張し、新たな代替冷媒が決まるまではR-134aの使用を続けると昨年9月に委員会の決定に異を唱えていた。

これに対しEU委員会は「決定に従わない新モデルの発売は認めない」と2社に警告。しかし、ダイムラーは6月にR-134aを使用したメルセデス・ベンツの「Aクラス」「Bクラス」「SLクラス」の新型車をフランスへ輸出。フランスは該当車の新車登録を拒否した。

ロイター通信によれば、フランスから車両登録を拒否された理由について、ダイムラーからの説明は一切ないものの、フランス当局は「EUで禁止している冷媒を使用しているため」と述べているという。また、ロイターは、現在ダイムラーとフォルクスワーゲンがCO2を冷媒とする新たなエアコンシステムを開発中であることを取り上げ、両社はこの新しい冷媒をEU委員会に採用してもらえるよう働きかけているのではないか、とも指摘している。

By Seyth Miersma
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】次世代カーエアコンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:Disputed Vietnamese Islands

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Dunphy Home in "Modern Family"


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Intel Keeley Lake concept convertible

Related Gallery:Vodafone charging truck

Related Gallery:ASUS Eee PC X101 hands-on

Related Gallery:ASUS UX Series ultraportable notebooks

Related Gallery:Samsung Galaxy S II user interface