BMW「コンセプト アクティブ・ ツアラー」にアウトドア用モデルが登場!
Related Gallery:


今回は、BMWがドイツで開催されたアウトドア専門見本市に出展した「BMW コンセプト アクティブ・ツアラー・アウトドア」をご紹介しよう。

同車は昨年のパリモーターショーで発表されたBMW コンセプト・アクティブ・ツアラーに新たな素材、アクセサリー、そしてアウトドア・レジャーを満喫するためのコネクテッドドライブが用意されたモデルだ。ドライブトレインにはアクティブ・ツアラーと同様、横置きの1.5リッター ターボ付き3気筒エンジンに電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドを採用。バッテリーパックは後部座席下に配置され、合計最大出力190hp、最大トルク20.4kgmを発揮する。0-100km/h加速は8秒以下で最高速は200km/h、平均燃費は約40km/ℓとなっている。また、電気モーターのみでの航続距離は30km以上となっている。



後部座席後ろの側面には、可動式のサイクルキャリアが付いており、2台の自転車が収納可能。自転車の前輪とサドルを外し、フレームはキャリアに、前輪は専用ホルダーに収め、サドルは荷台下に設けられたスペースに収納することができる。

また、室内はムーンロックグレーとムーンホワイトのカラーで統一され、泥やオイルによる汚れを防ぐよう表面に加工が施されている。荷台のフロアはムーンロックグレーのプラスチック製、室内前方のパーツにはムーンロックグレーとムーンホワイトのレザー、プラスチック、アルメッシュとステロントリムが使われている。ホイールは20インチ。

8インチのブラックパネルディスプレイに搭載されたコネクテッドドライブには、BMWがオーストリアのチロル観光局と制作したアルプ中央部のルートガイドが用意され、ゼーフェルト、エッツタール(エッツ渓谷)、ツィラータル地方をドライブのほか、マウンテンバイク、ハイキングなどで楽しむためのとっておきのルートを案内してくれるそうだ。

それでは、コンパクトかつスポーティーなアクティブ・ツアラー・アウトドアを高解像度ギャラリーでお楽しみいただきたい。詳しい情報が気になる方はプレスリリース(英語)をどうぞ。

By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:


【PR】BMWの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:Malik Bendjelloul

Related Gallery:

Related Gallery:2015 Honda Fit in Zipcar's Oneway Program

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Nikon D5100 HK Press Con

Related Gallery:HTC Sensation versus Incredible S and Desire S (hands-on)

Related Gallery:Rockchip Android TV R-BOX

Related Gallery:old dv6 Bench

Related Gallery:Mercedes-Benz A-Class Concept