今回は、乗り物とテクノロジーを紹介するAOLサイト『トランスロジック』が、画期的な試みで造られたローカルモーターズの「ラリーファイター」に試乗したレポートをお届けしよう。


このラリーファイターは、出力430hpのゼネラルモーターズ製V8エンジンを搭載し、世界で最も過酷とも言われるオフロード耐久レース「バハ1000」を攻めるのに十分なグランドクリアランスを確保している。ハンドルを握れば気分はまさにラリーライダーだ。



インタビューの中でローカルモーターズCEOのジェイ・ロジャース氏は、ラリーファイターの製造に同社ならではのクラウドソーシングを活用していることや、ホンダ「シビッククーペ」のテールランプを採用した経緯などを熱く語っている。



では早速ビデオで、ラリーファイターの走りをチェックしよう。




By Zach Bowman
翻訳・字幕制作:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ラリーファイターの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Fujifilm gets official with FinePix F70EXR, Z37, S200EXR and J38

Related Gallery:Acer Aspire S5

Related Gallery:LG G Flex

Related Gallery:

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:ASUS Padfone first hands-on

Related Gallery:Asus Eee Pad MeMO hands-on at Computex 2011

Related Gallery:ASUS Eee PC X101 hands-on

Related Gallery:ViewSonic ViewPad 7x

Related Gallery:Qualcomm twins show girls