【公式】ヒュンダイ、BMWとフォードが北米コンセプト・カー・オブ・ザ・イヤー各賞を受賞
Related Gallery:BioLite BaseCamp Stove,

Related Gallery:Archos ArcBook

Related Gallery:


北米各地のオートショーで披露されたコンセプトカーを対象とした第12回北米コンセプトカー・オブ・ザ・イヤーが発表された。

NY国際オートショーデトロイトオートショーなど、昨年12月から今年4月にかけて北米各地で開催されたオートショーで紹介されたコンセプトカー23台の中から約30名の審査員によって、コンセプトカー、コンセプトトラック、プロダクション・プレビュー(市販化が予定されている車が対象)の3部門の受賞車が選ばれた。

コンセプトカー部門のファイナリストとして残ったのは、ヒュンダイの「HCD-14 ジェネシス コンセプト」と「ヴェロスター C3 ロールトップ」、ホンダ「EV-STER」トヨタ「カローラ フーリア コンセプト」(北米向け)。4台の中から見事
栄冠を勝ち取ったのは今年1月に開催されたデトロイトオートショーでお披露目されたHCD-14 ジェネシスだ。この車は発表当時、「完ぺき」という肯定的な評価から、「デザインがやりすぎ」「アウディ「A7」に似すぎている」といった否定的な評価を受け、賛否両論が分かれていた。それでも審査員たちはよほどこの車に惚れ込んだようで、HCD-14 ジェネシスはコンセプトカー部門の受賞だけでなく2013年度の最優秀コンセプトカーの栄冠にも輝いる。

コンセプトトラック部門で最終選考に残ったのは、フォード「アトラス」起亜「クロス GT」日産「レゾナンス」フォルクスワーゲン「クロスブルー」。デトロイトオートショーで、デザイン賞の「Eyes on Design」を受賞したアトラスが同部門のトップに輝いた。

市販化が予定されている車種を対象としたプロダクション・プレビュー部門で受賞したのは、アキュラ「NSX」スバル「WRX STI」テスラ「モデルX」を僅差で破ったBMW「i8スパイダー」だった。

各部門の受賞理由や審査員のコメントなどの詳細については、プレスリリース(英語)をどうぞ。

By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:BioLite BaseCamp Stove,

Related Gallery:Archos ArcBook

Related Gallery:


【PR】新車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:Ford F-150 Raptor

Related Gallery:Meizu M9& EP-30 Hands on

Related Gallery:LG Optimus Black and LTE-equipped Revolution coming to CES

Related Gallery:

Related Gallery:BPG Motors Uno

Related Gallery:Southern Star Observation Wheel als Energielieferant


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:HP dv6(old)and Envy

Related Gallery:Stealth LPC-670 Mini-PC

Related Gallery:thinkgeek playmobil apple store

Related Gallery:Mercedes-Benz A-Class Concept

Related Gallery:iPad G-Form Sleeve