先日の「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」で優勝したセバスチャン・ローブ。今回は彼のマシンの内外に設置されたカメラがとらえたローブのドライビング映像をご紹介しよう。

昨年の記録より1分半も早く完走するという偉業を達成したローブ。今年はコースが舗装されたということを差し引いても、その驚異的なスピードは、言葉では十分に伝えきれない。



だが、幸運なことに、新記録(8分13秒878)の走りを車内外から捉えたビデオをレッドブルが公開してくれた。この映像を見れば、彼が樹立した新記録の重みを少しでも共感することができるのではないだろうか。

それでは下の映像をクリックして、ご自身の目で迫力あるドライビングをご覧頂きたい。舞台裏の様子を撮影したビデオもご用意したので、そちらもどうぞ。






By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】レーシングカーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!


<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Fake stories on the web this week

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Yinlips Vita Ripoff

Related Gallery:Whill: Rollstuhl trifft Segway

Related Gallery:Number Pad

Related Gallery:LG OLED HDTV

Related Gallery:Huawei Ascend P1