【スパイショット】また丸くなったよね。2014年型MINI「クーパー」のスパイショットをキャッチ
Related Gallery:Lenovo ThinkPad 10

2014年に登場予定の次期型MINI「クーパー」についての情報はこれまで極めて少なかったが、今回ついに、カモフラなしの次期型「クーパー」と「クーパーS」のスパイショットを入手したので、早速ご紹介しよう。

一番の違いは、LEDデイライトを採用したヘッドランプだ。これは、2011年のジュネーブモーターショーで発表されたコンセプトモデルMINI「ロケットマン」に採用されていたのと同じもの。フロントグリルにも手が加えられ、先代モデルより丸みを帯びたデザインや、マットブラックに仕上げられたバンパーが特徴となっている。フロントノーズもこれまでより一段と丸くなっており、そのせいかボンネット上のパワーバルジの穴がやや目立つ。

その他、外観に大きな変更点はなさそうだが、特大サイズのテールランプは、実際に見てみないと良し悪しがわからないだろう。また、歩行者に配慮した安全規制に合わせたためか、フロントオーバーハングが先代モデルよりも少し長い分、車体が若干大きくなった印象を受ける。

次期型モデルはすべて、今後発売される予定のBMW1シリーズGT」やシエトロンの小型「MPV」モデルで採用が決まっている"UKL"と呼ばれる前輪駆動車向けの新しいプラットフォームを共有する見込みだ。エンジンは、可変バルブタイミング機構を組み込んだ1.5リッター直噴ツインス・クロール・ターボチャージャー付き直列3気筒エンジンを搭載すると予想されている。最高出力は120~200hpほどになりそうだが、同車のハイパフォーマンスモデルが登場すれば、300hpまで叩き出してもおかしくない。新モデルのラインアップには4気筒エンジンも加わるのではないか、との噂もある。

正式なお披露目を楽しみに、ひとまずはギャラリーにアップしたスパイショットをじっくりご堪能いただきたい。

By Chris Paukert
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Lenovo ThinkPad 10


【PR】新型クーパーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:Imágenes oficiales del Palm Pre

Related Gallery:11 Fictional Characters We Love To Hate

Related Gallery:nude and metallic for spring 2014

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Dartz Jo-Mojo

Related Gallery:Lemur fürs iPad

Related Gallery:Art Lebedev Optimus Popularis

Related Gallery:Art Lebedev Mini Six

Related Gallery:Microsoft Code Space