【レポート】高値をキープしていたトヨタ「カムリ」の中古価格に急落の危機!?
Related Gallery:2013 Toyota Camry Photos


トヨタ「カムリ」は11年連続で"全米で最も売れている車"の座を維持しているが、自動車メディア『Automotive News』が、カムリについて興味深いレポートを出している。

米国では自動車の販売台数を伸ばすために、購入者へのキャッシュバックやゼロ金利ローンなどのインセンティブ(販売奨励策)を出すのが一般的だが、トヨタがカムリに対するインセンティブを増大させているという。米の車市場情報サイト『TrueCar』によれば、5月のカムリに対するインセンティブ総額は、2750ドル(約28万円)と前年同月比で38%増加している。ちなみに、ライバルの日産「アルティマ」や、フォード「フュージョン」ホンダ「アコード」は、前年同月比で日本円にして総額でそれぞれ、24万円、23万円、14万円程度本体価格を下げている。また、同メディアはカムリのフリート販売(大口の事業者向けの販売)が、年末には販売数の15%程度になるだろうとも予測している。そもそもカムリは、ライバルモデルと比べ、フリート販売の比率が低いが(他車は平均30%以上)、それが増加傾向にあるという。

米自動車再販売価値の基準を示す『ALG』によると、カムリは長年にわたって中古車市場で高値を維持している。2013年型カムリの現在の中古車価格は、購入後36カ月で購入価格の54.4%とトップクラス(ライバル車の平均は50.9%)。しかし、一部の自動車評論家は、インセンティブによる販売増(5月の販売数は約4万台)と増加傾向にあるフリート販売が、中古車市場における価格の急落を招くのではないかと懸念を示している。2014年型が中古市場に多く出回ることになる2年後には、中古車市場に2013年型カムリが溢れ、カムリの価値を下げるのではないかというのである。

今後の行方を見守りたい。

By Chris Paukert
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2013 Toyota Camry Photos


【PR】カムリの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:2013 Toyota Camry Hybrid Review Photos

Related Gallery:2012 Toyota Camry First Drive Photos

Related Gallery:2013 Toyota Camry NASCAR Photos

Related Gallery:Spy Photos 2012 Toyota Camry Hybrid Photos

Related Gallery:2012 Toyota Camry Patent Filings


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-07-02

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-07-03

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-07-04

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-07-05

Related Gallery:2010 Toyota Grand Prix of Long Beach Grid Girls