【ビデオ】007に登場した、あのロータス「エスプリ」が競売へ!
Related Gallery:


高級自動車の世界最大のオークション、RMオークション。今年の9月にロンドンで開催されるこのオークションに、ジェームズ・ボンドシリーズ『007/私を愛したスパイ』(1977年公開)に登場したロータス「エスプリ」が出品されるというニュースが飛び込んできた。

今回競売にかけられるエスプリは、劇中で元ネイビー・シールズ(アメリカ海軍の特殊部隊)の隊員、ドン・グリフィンが操縦した「サブマリン」モデル。当時はCG技術がなかったため、シーンによって計6台ものエスプリを使い分けたというが、その中でも実際に水中潜行が可能なのは、フロリダのペリー・オーシャノグラフィック社が製作したこのモデルのみだという。RMオークションによれば、マシンの製作には現在の40万ドル(約3975万円)に相当する10万ドル以上が費やされたとのことだ。



また、このエスプリにはこんなエピソードも。撮影を終えたスタッフらは、同車をニューヨークにあるレンタル倉庫に1989年までの10年契約で保管しておいたのだが、10年後になっても誰も取りに行かなかったという。結局、同車はオークションにかけられ、地元のカップルによって落札されたのだが、2人は同車について何も知らなかったそうだ。

これまでオートブログでは、1966年型のオリジナル「バットモービル」、『爆発!デューク』に登場する「ジェネラル・リー」、さらにジェームズ・ボンドが映画『007/ゴールドフィンガー』と『007/サンダーボール作戦』で使用したアストンマーティン「DB5」など、スクリーンを飛び出してオークションに出品された名車の数々をお伝えしてきた。中でもDB5の落札価格は、4600万ドル(約3億7000万円)にものぼったが、今回出品されるエスプリがこれを上回るのかが注目される。

いくらで落札されるのか、その結果が待ちきれないところだが、それまではギャラリーの写真でお楽しみいただこう。さらに、桟橋を駆け抜けたマシンが海へダイブする劇中シーンを収めたビデオもご用意したので、ぜひご覧いただきたい。 。





By John Neff
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:


【PR】「エスプリ」サブマリンモデルの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Schtickers-Wandtafel

Related Gallery:SAE World Congress CPT 48V LC Super Hybrid

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:old dv6 Bench

Related Gallery:HTC Sensation 4G preview!

Related Gallery:Windows Phone 7 platform updates from MIX 11

Related Gallery:Fujitsu LOOX F-07C could be phone with Windows 7 and Symbian

Related Gallery:USB COOL