Related Gallery:Leighton


ホンダは、6月26日に中国における四輪車生産販売合弁会社である広汽本田汽車有限公司(本社:広東省広州市)が中国市場向けに中国で開発した初のモデルとなる「クライダー(CRIDER)」の販売を開始したことを発表した。


クライダー」は、中国人スタッフが主体となり中国のユーザーのために開発したミドルクラスセダンである。ターゲットユーザーは、エネルギッシュで常に夢を追い求める1980年代生まれのユーザーだという。


エクステリアは、中国らしい龍をデザインモチーフとした躍動感あふれるエクステリアデザインが採用されている。太いメッキを使ったグリルがホンダらしさと押し出しの強さを演出している。ヘッドライトやブレーキランプにふんだんにLEDを使っているのが特徴的だ。


全長4,650×全幅1,750×全高1,505mm、ホイールベース2,650mmということで、「アコードハイブリッド」よりは小さいが、「インサイ ト」よりも大きい日本仕様の「シビック」程度のサイズだ。エンジンは、1.8L i-VTECエンジンを搭載し、5ATと5MTがラインナップされている。


インテリアはホンダらしいデザインを生かしながら、高級感を出すためか、比較的オーソドックスなデザインが採用されている。ちなみにメーターは220kmまで刻まれている。


メーカー希望小売価格は11万4,800元(約184万円)からという中国市場で買いやすい価格帯に設定された。セダンに力を入れ始めたホンダであるが、日本 では「シビック」クラスのセダンのラインナップが欠如している。「クライダー」を日本に輸入して販売するのも面白いかもしれない。

Related Gallery:Leighton

【PR】セダンの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:2015 Ford Focus: Geneva 2014

Related Gallery:easyJet drones and aviation tech

Related Gallery:Dynasty Warriors 8 PC (5/4/2014)

Related Gallery:Ukraine Mayor Held Hostage


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:HP dv6(old)and Envy

Related Gallery:Stealth LPC-670 Mini-PC

Related Gallery:HTC Sensation 4G preview!

Related Gallery:Windows Phone 7 platform updates from MIX 11

Related Gallery:Chiling Lin at the Sony Internet TV annouce press