OECD(経済協力開発機構)に加盟する先進国の中で最も自殺率の高い国、韓国。ソウル市を流れる漢江(ハンガン)にかかる麻浦大橋(マポテギョ)では、2003年から2011年の8年間で、実に1090人が飛び降りて亡くなっている。ソウル市内ではこの橋を「死の橋」と呼んでいるという。

そこでソウル市は、広告代理店とサムスン生命の2社と共同で対策を講じ、麻浦大橋での自殺者を77パーセント減らすことに成功したという。その方法とは、歩行者に問いかけるように表示される温かい思いや希望が込められたメッセージだった。

橋の手すりに現れるのは、「あなたを愛しています」「一緒に歩きましょう」「不安そうですが、大丈夫ですか?」「あなたの子どものために」「明日の太陽は必ず昇ります」「食事をとりましたか?」「会いたい人に会いに行きませんか」「最高のものはまだ訪れていませんよ」「どんな父親として覚えていてもらいたいですか」「まだ起きていないことがたくさんあるのです」「あなたのお母さん」など、心理学者と自殺防止の専門家が監修したメッセージの数々。

橋にはメッセージ以外にも「もう一度」と名付けられた銅像や、笑顔や家族の写真が設置されており、今では観光名所になっているそうだ。ソウル市は別の橋にも同様の工事をすることを計画しているという。

ぜひコチラから橋の様子を確認して欲しい。




By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ソウル市観光を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Volvo S60 Australian V8 Supercar Photos

Related Gallery:

Related Gallery:Ferrari California T

Related Gallery:Funniest Tweets 2-21-14

Related Gallery:Razer Tartarus hands on


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Rockchip android 2.3 29xx tablet

Related Gallery:HTC Sensation 4G

Related Gallery:HTC Sensation 4G preview!

Related Gallery:HTC Sensation versus Incredible S and Desire S (hands-on)

Related Gallery:Nokia E6 hands-on