ホンダが新技術
Related Gallery:easyJet drones and aviation tech


昨年12月、LAオートショーで発表された2013年型ホンダ「シビック」は、サスペンションのチューニングの変更のみというマイナーチェンジだった。しかし、ホンダは"シビックには進化が必要"と考えているようだ。

米自動車メディア『Automotive News』によると、米ホンダ社長の岩倉哲夫氏が、シビックのエンジンを刷新する際には、ホンダが誇る新世代パワートレイン技術"アース・ドリームス・テクノロジー"を導入すると語ったという。発売時期や、搭載モデルなどの詳細は明らかにされていない。

"アース・ドリームス・テクノロジー"はホンダが2011年に発表した次世代新技術群の総称。ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、トランスミッション、ハイブリッドでそれぞれ、高次元な走りと燃費効率を実現していくために開発したパワートレインの構成のことだ。なお、ホンダは米国販売の2013年型「アコード」の2.4リッターと3.5リッタークラスでアース・ドリームス技術を導入したエンジンを採用している。 岩倉社長は、発売時期については慎重な考え方を示していたが、早ければ2015年型モデルで当技術が採用されたシビックがお目見えするかもしれない。

By Steven J. Ewing
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:easyJet drones and aviation tech


【PR】シビックの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:OPPO 小欧语音助手 UI

Related Gallery:Samsung Galaxy S 4 系統設定(Setting)

Related Gallery:Jolla 手機照片樣本

Related Gallery:Maylong Mobility Tablet M-260 at the FCC

Related Gallery:Cadillac ATS Coupé


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Lytro Lightfield Hands-On

Related Gallery:eFun aPen A5: Hands-On

Related Gallery:Galaxy / Nexus Android-Familienfeier

Related Gallery:Samsung Galaxy Nexus Kamerabilder

Related Gallery:Droid RAZR vs Droid Incredible 2 vs iPhone 4 vs LG Marquee