Related Gallery:Volvo P1800


ボルボは、47年にわたって世界中を走り、自動車ファンから賞賛を受けているアメリカのニューヨーク州ロングアイランド在住のアーヴ・ゴードン氏(73歳)が、まもなく愛用車のボルボ でアラスカにて300 万マイル(480万㎞)を走破するという前人未到の記録を達成する見込みであることを発表した。


アーヴ・ゴードン氏の愛用車は、真っ赤なボディカラーが印象的な1966 年製ボルボP1800」だ。「P1800」は1960年から1974年まで生産されたスポーツカーで、その名のとおり1800ccの直列4気筒OHVガソリンエンジンが搭載されているモデルがベースとなっている。

ボルボといえば、安全性の高い強靭なワゴンというイメージが強いが、「P1800」はイタリアのカロッツエリア・フルアに在籍していたデザイナーのPelle Petterson(ペレ・ペッテルソン)がデザインしたクーペだ。日本にも当時正規代理店であった北欧自動車によって輸入され、ヤナセによって正規輸入車として販売されていた。

1966 年に始まったアーヴ・ゴードン氏の「P1800」とのカーライフは、ボルボオーナー達との交流や熱意ある声援に支えられ、走行距離は今も伸び続けている。アーヴ・ゴードン氏の記録達成が近づくのに伴い、ボルボ・カーズ・オブ・ノースアメリカは今後数カ月間、キャンペーンを展開し、ゴードン氏の旅を専用HPにて取り上げるという。

ボルボであるという以外に、これほどまで車が長持ちした主な理由は、ゴードン氏が15年以上にわたり、いつも同じボルボ認定メカニックに、メンテナンスを依頼してきたからだという。ゴードン氏が1966年に車を購入したディーラー、ロングライランドのハンティントンにあるボルボディーラー 「Volvoville」でメンテナンスを担当するニノ・ガンビーノは"アーヴは、オーナーズ・マニュアルにしたがって、車を大切に扱い、愛してきました。アーヴは、いつも「自分よりも車を大切にしてきた」と言っています!地図を必要としない旅を、彼は楽しんでいます。"と述べている。

日本では10年10万キロ程度で廃車にすることが多いが、アーヴ・ゴードン氏のように本当に惚れ込んだ愛車を大事にし、自分の人生の伴侶として長い間楽しむというカーライフも素敵ではないだろうか。

公式HPはこちら

【PR】VOLVOの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Irv Gordon's 2 million-mile Volvo P1800

Related Gallery:Volvo V60 and Yukiya Arashiro

Related Gallery:Volvo 850 T5 R Pickup Photos

Related Gallery:Frankfurt 2009: 2010 Volvo C30

Related Gallery:2011 Volvo S60 First Drive


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 10 04

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 10 02

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 09 01

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 08 01

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 06 03