超低価格のタタ「ナノ」が内外装をアップデート 天然ガス使用モデルも
Related Gallery:


タタ・モーターズ「ナノ」にガソリンとCNG(圧縮天然ガス)の切り替えが可能なエンジンを搭載したモデルが登場した。

2008年に世界一安い車として誕生した小型4ドアの「ナノ」。新時代のクルマとして発売時には世界中から注目を集めたが、車両火災や品質の問題に加え、生産工場での抗議活動などにより売り上げは低迷。しかし、タタ・モーターズナノを諦めたわけではなく、内外装をアップデートし、さらにCNGモデルを誕生させた。

<過去は燃えることもあった>


エクステリアはリアバンパーにスポーティなメッシュが入リ、クロームのトリムが追加されるといった小規模な変更だが、使いやすくなったセンターコンソール、新しく装備されたツイングローブボックス、大きくなったステアリング、カラーの選択できるトリムなどインテリアには大幅な改良が加えられている。また、キーレスエントリー、BluetoothやUSB接続を備えた4スピーカーのAmphiStreamオーディオもオプションとして用意されている。さらに、ボディグラフィックやエアロキット、アロイホイールなど個性を光らせるパーツやアクセサリーも充実させたそうだ。

ガソリンエンジンに加え、今回新たに加わったバイヒューエルのEmaxモデルは、スイッチでガソリンとCNGの切り替えが可能。ヘッドとブロックにアルミを使用した624ccエンジンの最高出力はガソリンが37hp、CNGが33hp、最大トルクはガソリンで5.24kgm、CNGが4.55kgmとなっている。

タタ・モーターズは「ナノ」に続いて、「インディカ」、「インディゴ」、「サファリ」、そして「スモー」も近日中にアップデートする予定ということだ。

By Chris Paukert
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:


【PR】ナノの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Asha 205 and Nokia 206 hands-on

Related Gallery:Met gala best/worst

Related Gallery:Age of Wushu: Tempest of Strife

Related Gallery:Titanfall: Expedition DLC (May 2014)


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:HTC Sensation 4G preview!

Related Gallery:HTC Sensation 4G

Related Gallery:Rockchip android 2.3 29xx tablet

Related Gallery:Rockchip Android TV R-BOX

Related Gallery:old dv6 Bench

Related Gallery: