カーナビが車の室内装備として当たり前になる一方、オートバイのライダーはいまだに紙の地図か後付けのバイク用ナビに頼っている。そんな状況を改善しようと、ロシアの新興企業LiveMapがナビを搭載したヘルメットを開発しているのでご紹介しよう。

マイク、光センサー、イヤホン、マイクロディスプレイが搭載されたこのヘルメットは、ライダーの音声指示によって、ナビ情報がヘルメットのシールドの中央部分にカラー表示されるというすぐれもの。さらに内蔵されたジャイロスコープやデジタルコンパスにより、ヘルメットが傾いても、ナビ画面は水平に表示されるという。バッテリーにはリチウムイオン電池を使用し、充電なしで約8時間の利用が可能だ。



現在同社は、プロトタイプの製作にかかる15万ドル(約1450万円)について、オンライン資金調達プラットフォーム「Indiegogo」を通じ、資金の提供を求めている最中だ。市販価格は2000ドル(約19万円)くらいと予想されているので、現時点ではかなり高価な代物といえる。しかし、生産が増えれば価格も下がるだろう。2014年には北米、イギリス、オーストラリアに投入され、2015年にはヨーロッパや日本にも上陸する予定だという。

気になるヘルメットの詳細はビデオでチェックしてほしい。




By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー


【PR】ナビ付ヘルメットの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:X10 MID

Related Gallery:Nintendo Wii U en vivo

Related Gallery:Fotos espía: Mazda RX-8

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Droid RAZR vs Droid Incredible 2 vs iPhone 4 vs LG Marquee

Related Gallery:Samsung Galaxy Nexus Kamerabilder

Related Gallery:Galaxy / Nexus Android-Familienfeier

Related Gallery:eFun aPen A5: Hands-On

Related Gallery:Lytro Lightfield Hands-On