不景気を理由に2011年シリーズを最後にMotoGPから撤退していたスズキが、2015年シーズンから再びレースに復帰すると発表した。当初の予定より1年遅れでの復帰となるが、スズキが再びMotoGPを盛り上げてくれるのは間違いないだろう。

スズキはMotoGPへの復活を発表した17日、バルセロナのカタルーニャ・サーキットで行われたオフィシャルテストに参加。「XRH-1」と名付けられた新しいマシンのテスト走行では、チーム・アスパー所属のライダー、ランディ・ド・プニエがオフィシャルテスターとして試乗し、トップに0.7秒差のところまで差し迫るという好タイムを叩き出したそうだ。チームマネージャーには、かつてフィアット・ヤマハで監督を勤めたダビデ・ブリビオ氏が起用されている。

ブリビオ氏は、史上最強のライダーとの呼び声が高いバレンティーノ・ロッシと交流が深く、ロッシをフィアット・ヤマハに入れ、その後ドゥカティへと導いている。しかし移籍後のロッシは成績が低迷、今年からフィアット・ヤマハに戻ることが決定したが、契約期間は2014年まで。早くも業界内では、ロッシが2015年からスズキに移籍するのではとうわさされている。

もっと詳しく知りたい方は、スズキのプレスリリース(英語)も併せて読んでみてはいかがだろう。

By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー


【PR】スズキ バイクの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:10 Cool Facts About Corgis

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Samsung NC10 NetBook

Related Gallery:HTC's dual-mode Android slider at the FCC


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:ViewSonic ViewPad 7x

Related Gallery:Qualcomm twins show girls

Related Gallery:Vodafone charging truck

Related Gallery:CUPP PunkThis hands-on

Related Gallery:Shuttle tablets at Computex 2011