Related Gallery:


6月30日から開催される第91回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに2台の電気自動車「MiEV Evolution Ⅱ」で、昨年に引き続き参戦する三菱。そんな同社から、新型「アウトランダー」と「ランサーエボリューション」がパイクスピークのセーフティカーに正式起用されたことが発表された。

パイクスピークで使用されるアウトランダーとランサーエボリューションは、三菱がBBSやケンウッドといったレースの協賛企業とタッグを組んで特別に製作したワンオフモデル。セーフティカーに求められる基準は明らかにされていないが、156ものコーナーがある全長約20キロの過酷なコースを考えると、かなりのチューンが施されているだろう。

詳細を知りたい方は、プレスリリース(英語)をどうぞ。

By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:

Related Gallery:


【PR】アウトランダーやランエボの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:New Goodyear Blimp

Related Gallery:

Related Gallery:Lenovo Ideapad S10

Related Gallery:Pictures: Lapland's Christmas wonderland


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Evolve Motorcycles Lithium

Related Gallery:Evolve Motorcycles: Tron Lightcycle Xenon

Related Gallery:Motorola RAZR - chinesische Varianten

Related Gallery:Ferrari Millenio Konzept

Related Gallery:Microsoft Code Space