Related Gallery:


プジョー・シトロエンジャポンは、6月14日よりプジョー208GTi」発売キャンペーンの中で、漫画家の江口寿史氏とコラボレーションしたグラフィックノベルを公式サイトで公開した。江口氏は、80 年代に"ストップ!!ひばりくん!"などの衝撃作で時代を席巻し、独自のイラストレーションワークなどで今も進化を続ける漫画家である。



グラフィック・ノベル "TIME DRIVER"は、伝説の「205 GTi」から「208GTi」への系譜を意図した"The legend is back(伝説は進化する)"の広告コンセプトおよび俊敏なドライブフィールを、江口氏によるイラストで表現したものに仕上がっている。


世界各国の漫画にも影響を与えてきたフランス漫画文化の技法「バンデシネ(通称:B.D.)」のタッチを今回江口氏が取り入れ、「208GTi」の疾走感と存在感を芸術的なビジュアルである"パララックス"と呼ばれる最新のウェブ技術によって表現している。

最近はリアルな動画に慣れているせいか、マウスをスクロールすることで、話が展開していくような仕掛けは、マンガをめくっていくような楽しさが感じられる。

プジョー公式サイトの"208 GTi 専用ページ"では、7月1日の発売を前に、過去のプジョーGTiの歴史、グローバ
ルに発信される広告キャンペーンに焦点を当てた動画コンテンツなども展開し、「208GTi」の魅力をさまざまな角度から紹介している。メルマガキャンペーン等も行っているので興味のある読者は公式ページをチェック!

公式ページ:プジョー208GTiスペシャルサイト

Related Gallery:


【PR】208GTiの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Another iPad 2 mockup


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:HP dv6(old)and Envy

Related Gallery:Stealth LPC-670 Mini-PC

Related Gallery:HTC Sensation 4G preview!

Related Gallery:Windows Phone 7 platform updates from MIX 11

Related Gallery:Chiling Lin at the Sony Internet TV annouce press