米サウスカロライナ州で、デジタルナンバープレート導入の動きがあるというので、ご紹介しよう。

導入の動きがあるのは、電子ペーパーを用いたナンバープレート。これまでの数字やアルファベットに加え、なんと"(クルマの持ち主は)執行猶予中""保険未加入"、さらには"盗難車"(車が盗難された場合)といった情報が赤い文字で表示され、他の車やパトカーから一目瞭然だという。

デジタルナンバープレートは無線でDMV(日本の陸運局にあたる)とリンクしており、DMVがその車についての情報が入ると、表示内容を切り替えるのだそうだ。ナンバープレートの電源は、車自身の振動、プレート上のソーラー電池によってまかなわれる。

現在同州では、州の公用車に試験的にこのデジタルナンバープレートを取り付けているとのこと。果たして一般市民の反応はどうなのだろうか。

下の投票で、あなたのご意見も是非お聞かせいただきたい。

%VIRTUAL-Polls-BX125A%

WSPA-TV

By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】デジタルナンバープレートの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!


<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:The Superbus by the Delft University of Technology Photos

Related Gallery:Camaro Computer

Related Gallery:Volkswagen crafts a London Black Taxi for the future

Related Gallery:G-Mark Expo - Cars of the Future


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 07 04

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 07 03

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 07 02

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 07 01

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 06 02

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 06 01