Related Gallery:


今回は、人気レーシングゲーム『ニード・フォー・スピード』の映画版に、主人公の愛車としてフォード「マスタング」の登場が決定したというニュースをお伝えしよう。

この発表は、ゲームの製作会社である米エレクトロニック・アーツと、映画化の権利を獲得した製作会社のドリームワークス、そしてフォードが共同で行ったもの。

最近、映画『ゲッタウェイ』のリメイク作の予告編に「マスタング シェルビーGT500」が登場するなど、マスタングはカーアクション映画に引っ張りだこ。今回の映画で主人公がハンドルを握るマスタングは、フォードが特別に製作したワンオフモデルで、米現地時間で6月11日から始まった世界最大のゲームショー「E3」でもお披露目されている。このワンオフは「マスタング シェルビーGT500」をベースに、ボンネットの大型エアインテークの下にはスーパーチャージャー付きV8エンジンを搭載。迫力あるワイドボディに22インチホイールが装着されている。



また、フォードは、本作で"The Beast(野獣)"と呼ばれるフルサイズのピックアップトラック「スーパーデューティー F-450」や、撮影機材を運搬するための車両、映画に登場する他の車も提供しているようだ。なお、フォードは映画のプロモーション活動にも携わる予定だという。

『ニード・フォー・スピード』は2014年3月14日より全世界で公開予定。監督は2012年の『ネイビーシールズ』を手掛けたスコット・ワウ。主演はアーロン・ポールで、警官役(現時点での予定)にマイケル・キートン、敵役にドミニク・クーパー(こちらも予定)が出演予定だ。なお、日本での公開は現在のところ未定だそう。

それでは早速、スリリングなレースバトル満載の迫力あるメイキング映像をご覧いただこう。




By John Neff
翻訳:日本映像翻訳アカデミー
Related Gallery:


【PR】フォード マスタングの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Onewheel

Related Gallery:

Related Gallery:Cadillac DTS Presidencial

Related Gallery:

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Dartz Jo-Mojo

Related Gallery:iNuke Boom

Related Gallery:Atomic Floyd SuperDarts Details

Related Gallery:Abyss Board

Related Gallery:Yinlips Vita Ripoff