【レポート】洪水の影響でポルシェ「カイエン」「パナメーラ」の生産ラインが一時停止
先月、ヨーロッパ中部が大雨に見舞われ、広範囲にわたって洪水被害が発生した。この被害により、ポルシェは独ライプツィヒ工場の「カイエン」と「パナメーラ」の生産ラインを一時的に停止せざるを得ない事態に追い込まれた。

車専門サイト『Automotive News』によると、カイエンのシャシーは通常、スロバキアのブラチスラヴァにあるフォルクスワーゲンの工場で製造され、チェコを縦断してライプツィヒまで鉄道輸送される。ところが、被害の大きいチェコ領内で鉄道が寸断されてしまったため、部品調達ができなくなったという。

一方、パナメーラのシャシーは独ハノーバーで製造されており、なぜ生産を停止したのかは明らかにされていない。一日450台の最大生産能力を持つライプツィヒ工場だが、当面は被災地の復旧を見極めながら、両モデルのエンジンユニットの組み立て作業のみを継続する見通しだ。カイエンは同ブランドで一番の売上を誇る人気車種だけに、一日も早い復旧が望まれる。

【追記】経済情報サイト『ブルームバーグ』は、ポルシェのライプツィヒ工場が6日(現地時間)、生産台数を調整しながら、カイエンの生産をかろうじて再開したと報じている。依然、部品調達は滞っているが、パナメーラの組み立て作業も継続していているという。

By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ポルシェの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:Halo 4 (Longbow Multiplayer Map)

Related Gallery:

Related Gallery:Dyson Air Multiplier AM0203 annouce

Related Gallery:HP Z1 press shots


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:iPad G-Form Sleeve

Related Gallery:thinkgeek playmobil apple store

Related Gallery:old dv6 Bench

Related Gallery:Nokia E6 hands-on

Related Gallery:HTC Sensation 4G