Related Gallery:


パガーニ社がゾンダの最新モデル「Revolucion」を発表した。

モノコックフレームは、カーボンとチタンを組み合わせものから出来ており、車両重量は「ゾンダR Evo」と同じ1070㎏。さらに6リッターV型12気筒エンジンからは驚異の800hpが弾きだされ、最大トルクは74kgmとなっている。6速のトランスミッションは、同社いわく、最短で20ミリ秒の間にギアチェンジが可能だという。また、12段階のトラクションコントロールシステムも装備している。

その他の注目は、F1マシンのようにリアウィングを調整するDRS(ドラッグリダクションシステム)が搭載されていること。オートモードにすれば、自動で最適な設定にしてくれる。ブレーキにはブレンボ社製のカーボンセラミック・ディスクを採用。販売価格は現在のレートで約2億8800万円だが、現段階で日本国内での販売は未定だ。

詳細については、プレスリリース(英語)をご覧いただきたい。

By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:


【PR】ゾンダ Revolucionの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:DJI's Phantom 2 Vision takes a stabilized camera to the sky, we go hands-on

Related Gallery:MEC Design Mercedes-Benz SLS AMG

Related Gallery:

Related Gallery:Review: 2010 Ford Fusion Hybrid

Related Gallery:Xbox 360 Slim (accessories)


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Motorola Xoom China

Related Gallery:Fujitsu LOOX F-07C could be phone with Windows 7 and Symbian

Related Gallery:AUO's 71-inch Cinema Scope 3D LCD panel eyes-on

Related Gallery:Android at Home

Related Gallery:Samsung Galaxy S II camera samples