米のネット版自動車番組『Roadkill』が、スーパーチャージャーの代わりに、5つのリーフブロワー(ドライヤーのように先端から風を出して、落ち葉を掃除する機械)を取り付けた1978年型シボレー「モンザ」を紹介しているのでご紹介しよう。

番組のホスト役のフライバーガーとフィネガンは、まず始めに中古の78年型モンザを3,000ドル(約30万円)で購入。よりパワフルな1台に改造しようと、数々のホットロッド(カスタムカー)を手掛けるチューナーに同車を持ち込み、スーパーチャージャーの代わりに5つのリーフブロワーを取り付けた。改造後にトルクを測定してみると、驚くべきことに最大トルクがアップ。さらに、305キュービックインチV8エンジンを350に変更し、同車を大幅にパワーアップしたのだ。



その後、2人はオハイオ州ウィルミントンで開催された「Ohio Mile」というレースイベントに参戦。最高速度135mph(およそ217km/h)をマークした。ちなみに、レースではリーフブロワーを起動させていないときのスピードも測定している。

それでは早速、ビデオをクリックしてリーフブロワー付きのモンザをご覧いただきたい。




By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】リーフブロワ―付シェビーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Stephanie Mahoe

Related Gallery:Top Pet Poisons | PawNation


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:ASUS Padfone first hands-on

Related Gallery:Asus Eee Pad MeMO hands-on at Computex 2011

Related Gallery:ASUS Eee PC X101 hands-on

Related Gallery:ViewSonic ViewPad 7x

Related Gallery:Qualcomm twins show girls