Related Gallery:HP Z1 press shots


つい最近買ったばかりの商品が、次にお店に行ったときセールス品になっていたら、誰でも気分をちょっと悪くするだろう。安いものなら気にしない人もいるだろうが、それがポルシェで、しかも300万円近く値下げされていたとしたら、あなたはどう思う?

オーストラリアの自動車メディア『Go Auto』によると、ポルシェ・オーストラリアは、業績アップのため大幅な値下げに踏み切ったという。例えば、「パナメーラ」は5500~3万6000豪ドル(約50万~340万円)以上の値下げ。これはポルシェ・オーストラリアが年間3000台以上の販売数を達成するために考案した営業戦略で、この値下げにより当初2018年の目標としていた3000台という数字を、2016年には達成できそうだとしている。

オーストラリアは新車の価格が比較的高いことで知られており、この劇的な値下げはポルシェの購入を検討していた人にとっては間違いなく朗報だろう。しかし、この値下げが適用される直前に購入してしまった50人ほどのオーナーたちは、中古車として売る場合や下取りの価格も下がってしまうとポルシェ・オーストラリアに抗議したという。

上記『Go Auto』の記事では、ポルシェ側もこのような事態になることは想定しており、ポルシェ・オーストラリアの社長であるマイケル・ウィンカー氏は「すでにお客様の懸念を解消する対策を取った」と述べている。実際に、50人ほどの購入者のうち、40人には販売した価格と割引後の価格との差額を補てんしたそうだ。なお、個別にどのような対応で合意に至ったかは公表しない方針だという。

By: Chris Paukert
翻訳:日本映像翻訳アカデミー
Related Gallery:HP Z1 press shots


【PR】ポルシェ パナメーラの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:eMobileショールーム六本木 Google Playフロア

Related Gallery:

Related Gallery:HP Envy 15, Envy 17 and Envy 17 3D

Related Gallery:

Related Gallery:The Sims 3 Seasons on Mac & PC


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:old dv6 Bench

Related Gallery:Rockchip Android TV R-BOX

Related Gallery:Rockchip android 2.3 29xx tablet

Related Gallery:HTC Sensation 4G

Related Gallery:HTC Sensation 4G preview!