Related Gallery:Amazon Fire Game Controller hands-on


先日の試乗記でもお伝えしたように、新型ジャガー「Fタイプ」は、サイズとコストのバランスが良く、走りも優れている。そのFタイプが先日、欧州で発売されたが、出足は絶好調だという。

『Automotive News』が伝えるところによると、すでに初年度の生産予定数の半分が販売済みとのこと。もっともこのセグメントのスポーツカーは「全世界で年間7万5000台、自動車市場全体ではわずか0.1パーセントのシェアに過ぎない」とジャガーのブランドディレクターであるエイドリアン・ホールマーク氏は言う。しかし、ジャガーだけで見れば、年間の全体生産数約6万台のうち、15~20パーセントがFタイプの売り上げになると見込まれている。

それでもFタイプが大ヒットと言うにはまだまだ早計だ。スポーツカーは、発売直後が一番売れるというのが定説のため、今後は派生モデルを増やし、Fタイプへの注目度を常に保っていかなくてはならない。聞くところによるとジャガーは、そのような準備も進めているようだ。先日のパテントの画像やスパイショットを見ると、ハードトップの誕生も間近のようだし、4気筒モデルやマニュアルトランスミッションを用意しているという噂もある。XKなどのように、ゆくゆくはハイパフォーマンスのRやR-Sバージョンも誕生することとなるだろう。今後の展開を楽しみに待ちたいものだ。

By Chris Paukert
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Amazon Fire Game Controller hands-on

http://jp.autoblog.com/photos/jaguar-f-type-coupe-patent-drawings-0/

【PR】ジャガー Fタイプの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Sony's TGS 2007 booth tour

Related Gallery:Acer Aspire M3 Touch

Related Gallery:Sharp展示新一代觸控螢幕

Related Gallery:WIMM wearable platform hands-on

Related Gallery:Samsung 55-Zoll Super-OLED-TV: Eyes-On


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Evolve Motorcycles Lithium

Related Gallery:Evolve Motorcycles: Tron Lightcycle Xenon

Related Gallery:Motorola RAZR - chinesische Varianten

Related Gallery:Ferrari Millenio Konzept

Related Gallery:Microsoft Code Space