【ビデオ】琢磨のレースを新型「コルベット・スティングレイ」が盛り上げ!
Related Gallery:


シボレーコルベット・スティングレイ」のペースカーが先日、インディ500でデビューを飾ったが、第6戦デトロイトのベルアイルでは、このペースカーのハンドルをGM北米のマーク・ロイス社長が握ったというニュースをご紹介しよう。

ロイス社長は新型コルベット・スティングレイを駆って、見事なドライビングテクニックを見せた。大役を務め終えた同社長は、シフトダウン時のレブマッチング機能が気に入ったと語っている。昨年のレースでは路面のアスファルトがはがれトラック上に散乱し、レースが中断するというアクシデントがあったために、今年はトラックを大幅に改修。ロイス社長は、この点についても「好感触だった」と語っている。

ちなみに第6戦はダブルヘッダー開催で、土曜日と日曜日に2回決勝が行われた。気になる佐藤琢磨の成績だが、土曜日は19位、日曜日はクラッシュでリタイアという結果になっている。土曜日の優勝は、ホンダのマイク・コンウェイ、日曜日はホンダ勢が1位から3位までを独占した。

では早速、ビデオをご覧いただきたい。2本目のビデオにはペースカーを走行させるロイス社長の見事なドライビングが収められている。






By Steven J. Ewing
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:


【PR】シボレーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Top Pet Poisons | PawNation

Related Gallery:

Related Gallery:iPod nano first hands-on!

Related Gallery:Rockchip RK2918 Internet TV

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:AUO's 71-inch Cinema Scope 3D LCD panel eyes-on

Related Gallery:Motorola Xoom China

Related Gallery:Windows Phone 7 platform updates from MIX 11

Related Gallery:HTC Sensation 4G

Related Gallery:Stealth LPC-670 Mini-PC