マツダ、次期「デミオ」に「CX-5」のプラットフォームを採用 4年毎のモデル刷新も
Related Gallery:'Nashville' Star Connie Britton is Red Hot


マツダが次期「マツダ2(日本名:デミオ)」に「CX-5」のプラットフォームを採用し、軽量化などを含む同社の最新技術「Skyactiv Technology(スカイアクティブテクノロジー)」を導入するようだと、イギリスの車専門サイト"Just-Auto.com"が報じている。デミオはCX-5よりもかなり小型であるため、プラットフォームにはかなり手を加えることになりそうだ。

マツダのCX-5と新型「マツダ6(日本名:アテンザ)」は既に車体やパワートレインなど大部分を共有しているが、このプラットフォームは今年の後半に公開予定の次期「マツダ3(日本名:アクセラ)」のセダンとハッチバックにもスケールダウンして採用される見込みだ。

また、マツダは今後すべてのモデルを、4年サイクルで刷新していく方針を決めたようだ。例えば2012年に最新モデルが出たマツダ6(アテンザ)は、2014年にマイナーチェンジ、2016年にはフルモデルチェンジが行われる。ただし、この4年更新のサイクルは、同社がアルファロメオ向けに「MX-5Miata(日本名:ロードスター)」のシャシーを提供しているような他社向けのモデルには適用されないようだ。

By Steven J. Ewing
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:'Nashville' Star Connie Britton is Red Hot


【PR】デミオの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:HD6800 Eyefinity

Related Gallery:

Related Gallery:Nokia Lumia 820 動手玩


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Windows Phone 7 platform updates from MIX 11

Related Gallery:OPPO Android Phone New UI

Related Gallery:AUO's 71-inch Cinema Scope 3D LCD panel eyes-on

Related Gallery:Evolve Motorcycles: Tron Lightcycle Xenon

Related Gallery:Galaxy / Nexus Android-Familienfeier