【ビデオ】ダイノテスト中の悲劇パート② 今度は1800hpの「カマロ」が...
先週、ダイノテスト中に悲劇にみまわれた「シェルビーGT500」の映像をご紹介したが、今回は、同じくダイノテスト中に大変なことになってしまったシボレー「カマロ」をお届けしよう。

停止状態から1マイル(1.6km)の距離に達した時点での速度を競う「テキサス・マイル」に出走予定の1台のカマロ。最高出力1800hpにチューンされたツインターボエンジンを搭載したこのカマロが本番に向けダイノテストを行っていた。ところが、そのテスト中、メーターが200mph(約322 km/h)に達しようかというときにタイヤがいきなりバースト! テストはあっけなく中止となってしまった。この動画は2011年に撮影されたもので、翌年(2012年)のテキサス・マイルでは、このカマロのオーナーであるKelly Bise氏とチューニングを手掛けたLate Model Racingが、テキサス・マイルでのカマロの世界記録となる253mph(約407km/h)をマークしている。しかし今年は、200mphを超えたところでなんとクラッシュ。幸いなことに、Bise氏はけがもなく脱出できたという。

では、ダイノテスト中のバースト映像、今年のテキサス・マイルでクラッシュしたときの映像、2012年の世界最高記録達成の映像と3本のビデオをご覧いただきたい。







By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】シボレー カマロの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Windows mobile 6.5

Related Gallery:Samsung ST1000 in Hong Kong

Related Gallery:Sony Alpha A6000 主站動手玩(hands-on)

Related Gallery:

Related Gallery:元祖プレイメイト 豊満美女パメラ・アンダーソン【フォト集】


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Maserati GS Zagato

Related Gallery:Force India VJM01

Related Gallery:Chevrolet Aveo (tres puertas)

Related Gallery:

Related Gallery: