Related Gallery:2015 Lexus NX200t: Beijing 2014 Photos


今回は、クライスラーが「ダッジ・ダート」の売り上げ上昇に期待をかけて、現在米国で公開中の人気映画シリーズ第6弾『ワイルド・スピード ユーロ・ミッション』とコラボしたCMをご紹介しよう。

実はダッジ・ダートはこの映画に登場していないのだが、自動車メディア『Automotive News』によると同社は、「人気シリーズ映画と提携することは新しい広告の形態だ」と考え、今回のCMを制作したという。

このCMが制作された背景には、実に36年ぶりに新型モデルが発売されたダッジ・ダートの販売が苦戦を強いられているという現状があるという。販売不振の原因として発売当初はマニュアル仕様のみで、オートマチック仕様の販売開始まで時間がかかったことが挙げられる。現在同車の販売数は、コンパクトカー部門で19位。昨年5月から今年4月までの販売台数は3万1064台で、先月の販売台数は過去最高となる8,099台だというが、決してよい数字とは言えないだろう。

ダッジの親会社であるクライスラーは、同車より先に発売し、ほぼ同じサイズでもっとパワーがある「アベンジャー」の販売に力を入れており、それがダッジ・ダートの販売不振の要因の一つとなっている可能性もある。

それでは早速、CMをチェックしてみよう。




By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2015 Lexus NX200t: Beijing 2014 Photos


【PR】ダッジダートの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:Bowers & Wilkins C5 in titan

Related Gallery:The Presleys' Honeymoon Getaway in Palm Springs

Related Gallery:The man with the golden voice
Gallery-172652%

<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Droid RAZR vs Droid Incredible 2 vs iPhone 4 vs LG Marquee

Related Gallery:Samsung Galaxy Nexus Kamerabilder

Related Gallery:Galaxy / Nexus Android-Familienfeier

Related Gallery:eFun aPen A5: Hands-On

Related Gallery:Lytro Lightfield Hands-On