レース後に禁止行為であるドーナツターンを披露して主催者からひんしゅくを買うことがあるという2008年のF1チャンピオン、ルイス・ハミルトン。そのハミルトンが水上バイクでもターンを見せ、その水しぶきのせいで撮影用の機材を壊してしまったというニュースをお伝えしよう。

今年になって古巣のマクラーレンからメルセデスAMGに移籍したハミルトンは、先日モナコで同僚のニコ・ロズベルグとTV撮影のために水上バイクに乗り、レース同様に急旋回してみせた。ところが、本来ならばカメラクルーの乗ったボートから十分な距離を取るべきところを、ボートのすぐそばでターンしたせいでクルーに水しぶきがかかってしまったという。

当初は、ハミルトンの悪ふざけのせいでスタッフのカメラや携帯電話がダメになり、総額で15万ドル(約1500万円)の損害を与えたと報道された。しかし、メルセデス側は報道の内容を否定。レーサーの2人は演出担当者の指示に従っただけで、TV撮影用の機材も無事だったという。また、被害についても、その場にいたフリーランスのカメラマンの機材が故障してしまったものの、ハミルトンのせいではなく、カメラマンが防水を十分にしていなかったことが原因だとしている。ちなみにカメラマンの機材の修理費用については、メルセデスが援助を申し出たようだ。

あらぬ疑いを掛けられないように、ハミルトンのドーナツターン好きもほどほどにすべきかもしれない。

By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】F1カーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Mansory F12 Stallone Photos

Related Gallery:Honda F1 history

Related Gallery:Twizy Renault Sport F1 concept car

Related Gallery:2012 F1 Brazilian Grand Prix

Related Gallery:2012 F1 United States Grand Prix


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Tokyo autosalon 2013 girls 09 04

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 09 03

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 09 02

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 09 01

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 08 04