Related Gallery:Kindle


日産の「NV200」がニューヨーク市の次世代タクシーとして選ばれたのは、まだ記憶にも新しい。ところが、ニューヨーク最高裁判所は先日、市と日産の契約に異議を唱えた裁判で、「契約は無効」という判断を下した。

今回の判決は、市と日産の契約によって、いままでのようにタクシーの車種を自由に選べなくなることに反発したNYの複数のタクシー会社が起こした裁判に対してのもの。裁判所は判決の理由を、「今回の契約の目的の一つが"タクシーの排出ガスの大幅な削減"であるにもかかわらず、NV200はハイブリッドカーでない」としたという。

日産は裁判の中で、NV200のハイブリッドモデルを2015年に導入する計画があることを伝えたが、その声は届かなかったようだ。 NV200は今年の10月から同市のタクシーとして導入が始まる予定だが、原告であるタクシー会社らはこれまでどおり自由に車種を選べることになる(ただし、自由といっても車種はハイブリッドに限定される模様)。

しかし、今回の判決が、ニューヨーク次世代タクシー選考プロジェクト"タクシー・オブ・トゥモロー"で2年をかけて選ばれ、10年間にわたる使用の契約が済んでいるNV200に「大きな影響を与えるとは思えない」というのが、市関係者の共通認識のようだ。

By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Kindle


【PR】タクシーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:HP Pavilion HPE Phoenix h9 en vivo

Related Gallery:

Related Gallery:Bruno Mars Talks Super Bowl Halftime

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Lytro Pressebilder

Related Gallery:PSP Vita Hong Kong Launch Event

Related Gallery:Designer Androids

Related Gallery:Evolve Motorcycles Lithium

Related Gallery:Evolve Motorcycles: Tron Lightcycle Xenon