今回は、人工知能が使われた最新型のインフォテインメントシステムをご紹介しよう。

このシステムを開発したのは、米国ミシガン州にある自動車部品メーカー「Visteon」。「自分の意志通りに動く自動車があったら」という人々の夢を叶えるべく研究を重ね、「HABIT(習慣)」という名のこの車載用インテリジェントシステムを作りだしたという。



HABITが目指しているのは、普段よく聞く音楽や、エアコンの温度設定、運転の傾向などの情報を蓄積することで、ドライバーの個人的な嗜好や習慣を学習し、ドライバーが指示を与えなくても、システムが自動で最適な設定を選び、提供するというシステムだ。

そんなことが、本当に可能なのかとお疑いの方は、まずVisteonが公開したビデオをチェックしみよう。思わず目が引きつけられてしまうはずだ。詳細を知りたい方にはプレスリリース(英語)も用意されている。ただし、案内役のブロンドのロボットは少々不気味だ...。




By Seyth Miersma
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】人工知能搭載カーの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:NVIDIA Project Shield en el MWC 2013

Related Gallery:

Related Gallery:ThumbTacks iPod Mic

Related Gallery:

Related Gallery:Wello


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Mercedes-Benz A-Class Concept

Related Gallery:thinkgeek playmobil apple store

Related Gallery:Stealth LPC-670 Mini-PC

Related Gallery:HP dv6(old)and Envy

Related Gallery:old dv6 Bench