総合ホビーショップ「ポストホビー」を運営する株式会社ホビージャパンは、モデルカーの新ブランド「MARK」を始動させると発表。その第1弾としてかつてホンダが世界に誇ったスーパーカー「NSX-R」を1/18スケールで再現した「1:18 Honda NSX R (NA2) Championship White」を5月下旬に発売する。今なお人気が高い、後期型「タイプR」の精密なモデルカーだ。

Related Gallery:

 
1990年、当時F1で最強のエンジン・サプライヤーとして認知されていたホンダが、国産車としては最高額の800万円(ブラス輸送費)という価格で発売した「NSX」は、それまでの市販乗用車では例がなかったオールアルミ・モノコックのボディに、自然吸気で高出力を絞り出すDOHC VTECを採用した3.0リッターV型6気筒エンジンをミドシップに搭載するスーパー・スポーツカー。その2年後に限定モデルとして追加された高性能バージョンが「タイプR」だ。 今回、MARKブランドから1/18という大きめのスケールで再現されたモデルは、2001年にビッグ・マイナーチェンジを受けて固定式ヘッドライトを与えられた「NA2」と呼ばれる最終型NSXをベースに、その半年後に復活した2代目タイプR。ホンダでは簡潔に「NSX-R」と表記する。


Related Gallery:

 
徹底した軽量化とサーキットに照準を合わせて妥協無くセッティングされた足回りを持つ初代タイプRに対し、さらに進化した2代目タイプRでは、これら「R」の特長に加え、さらに市販車としては例がないレベルの「マイナスリフト」に挑戦。これはつまり飛行機が宙に浮く原理とは逆の、車体を路面に押しつける力のことで、一般にダウンフォースとも言われる。それまでリア・ウイングやフロント・スポイラーを付加してボディの前後にダウンフォースを与えているスポーツ・モデルは存在したが、研ぎさまされたハンドリングを実現するためにマイナスリフトを前後で発生させ、それをきちんとチューニングした市販車はない、とホンダは考え、これに挑んだ。まずリアには大型化したウイングを装着。フロントはボディ下に流れる空気を上面へ逃がすため、ボンネットに大きなダクトを開けた。どちらも継ぎ目のない美しい造形で軽量に造るため、素材にはカーボンファイバーが選ばれている。



MARKのモデルカーでは、このマイナスリフトを実現させたNSX-Rのフォルムを、最新のデジタル・スキャニング技術を駆使して徹底的に測量。どうしてもエッジが甘くなり円滑な表面処理が難しいダイキャストではなく、下地処理に優れるポリウレタンレジンを使用して忠実に再現している。ヘッドライト・ハウジングやホイールのような繊細なパーツはABS樹脂で成型し、タイヤにはゴムの質感を再現するためPVCが使用されている。ドアやエンジン・フードは開閉しないが、透明なウインドウを通してレカロ社製バケット・シートが装備されたインテリア、赤い専用カムカバーを持つV型6気筒エンジンも見ることが出来る。タイプRの証であるエンブレムは、立体感を出すためにメッキパーツに赤のタンポ印刷をしてから上面にエポキシ樹脂をポッティングして再現。台座にはシリアル・ナンバーが刻まれたプレートが装着される。生産台数は実車のNA2 NSX-Rと同じ150台(実車の生産台数については153台という説もあり)。価格は税込みで3万9,900円となっている。



ところでNSX-Rといえば、専用色であるチャンピオンシップ・ホワイトのイメージが強いが、実車をオーダーする際には他のNSXと同様6色のスタンダード・カラーと4色のプレミアム・カラーも選ぶことが出来た。オーナーの方なら、出来れば愛車と同じカラーリングのモデルカーが欲しいと思うに違いない。MARKではそんな要望にも応えるため、「カスタムオーダープラン」を用意するという。これは末塗装キットをベースに国内でプロのフィニッシャーが製作・塗装を行い仕上げるもので、「量産品には実現不可能な高精度のフィッティングと、ハンドビルド品質のツヤ塗装」が施されるという。注文できるカラーは実際にNSXでカスタムオーダープランとして用意されていた14色からの選択となり、(きっと拘りの実車オーナーにとっては)嬉しいことにボディ・カラーだけでなく、ルーフとサイドミラー(ブラックまたはボディ同色)や、インテリアのシート(レッドまたはブラック)、センターコンソール&ドアアームレスト(ガンメタリックまたはカーボン)まで指定することが可能。価格にはアクリルケースと送料が含まれ、税込み9万9,750円とお高くなるが、実車をオーダーした際にはルーフをボディ同色にするだけで20万円も掛かったことを思えば、オーナーの方なら納得していただけるのではないだろうか。



なお、今回新たに起ち上げられたMARKとは、「ポストホビーがお客様との対話から培った模型の"妙味"を、最新・最良の技術を駆使して再現するブランド」だそうで、このNSX-Rに続き、今後も1/18サイズで各メーカーのフラッグシップ・モデルを「日本メーカーならではの繊細さや再現性を追求」し、「世界最高品質」で製品化していくとのこと。

販売はポストホビー各店のみの限定となるので、以下のリンクから公式サイトをご覧の上、お買い求めはお近くの店舗またはウェブショップからどうぞ。

POST HOBBY--ポストホビー ウェブサイト

MARK 1/18 HONDA NSX-R NA2 製品ページ

Related Gallery:


<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

 
Related Gallery:Adorbs Outfits Angry Pets Pets Who Want To Kill Themselves

 
Related Gallery:BPG Motors Uno

 
Related Gallery:Projecteo

 
Related Gallery:USB-Therapie

 
<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Polaroid Z2300 sample shots

 
Related Gallery:

 
Related Gallery:

 
Related Gallery:

 
Related Gallery:SoulCalibur V (TGS 2011)