今回は、BMW3シリーズツーリングの誕生秘話をお伝えしよう。

3シリーズと言えば、クーペ、セダン、カブリオレ、ツーリングと現在は幅広いラインナップが用意されているが、80年代半ばまではクーペ(カブリオレを含む)かセダンのみだった。

当時、BMWのエンジニアだったマックス・ライスバック氏が所有していたのは、3シリーズのセダン。しかし、「4人家族には室内スペースが足りない」と感じていた同氏は、廃車同然の3シリーズをもう1台手に入れ、友人のガレージでコツコツと作業すること6ヵ月、オリジナルの3シリーズ ツーリングを完成させたのだ。



しばらくは、家族や友人を乗せるくらいだったが、次第に同僚にも見せるようになると、会社の上層部にまでその評判が届き、ついには役員たちにお披露目することになった。すると役員たちも一目でライスバック氏の車を気に入り、商品化が決定。多少の調整はあったものの、同氏のデザインをほぼそのまま取り入れた3シリーズ ツーリングがデビューすることになったという。

それでは、ライスバック氏が当時の写真と共にツーリングが世に出るまでを語るビデオを早速ご覧頂きたい。




By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】3シリーズツーリングの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Dogs at the Office | PawNation

Related Gallery:ASUS UX32vd 外觀

Related Gallery:Dell Thunder leak

Related Gallery:Lego Terminator Spongebob

Related Gallery:Cantón 2009: FAW Xiali N5


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Vodafone charging truck

Related Gallery:CUPP PunkThis hands-on

Related Gallery:Shuttle tablets at Computex 2011

Related Gallery:Intel Keeley Lake concept convertible

Related Gallery:Pretec Booth(Lots of Affordable SSD)