今回は、2基のV8エンジンをパワフルなV12エンジンに改造してしまった驚異的な技を持つエンジンマニア達の話題をお届けしよう。

改造エンジン専門サイト『EngineLabs.com』にアップされたのは、ゼネラルモーターズ(GM)製V8エンジン「LS1」から造られた12気筒エンジン「LS12」。このエンジンを造り上げたのは、米国ワシントン州シアトルに住むRayさんとその仲間たち。

Rayさんによると、飛行機用にオリジナルのV12エンジンを造ってみようと模索しているうちに、このLS1エンジンにたどり着いたそうだ。2基のV8エンジンからそれぞれ2気筒分を切断し、つなぎ合わせて12気筒にしてしまったというから驚きだ(ちなみに、残った部品で4気筒エンジンも製造したとのこと)。また、LS12の排出量は、LS1を3リッター以上上回る8.9リッターになり、V16並みのパワーを発揮するという。

実は2年前にも、彼らはこの方法でLS12を製造。第二次世界大戦中の戦闘機P51マスタング(3:4スケールのレプリカ)や「シボレー・タホ」(LS12により最大出力は525hp)に搭載し、その実用性は実証済みだそう。

今回Rayさん達は、2年前より安価なクランクシャフトにするなどの改良を施し、新たに5基のLS12エンジンを製造予定だという。そのうちの1基には、スーパーチャージャーがつけられ、完成のあかつきには、あのダットサン「240Z」(日本名:フェアレディZ)に積むという計画もあるそうだ。

それでは、早速このL12エンジンの説明ビデオを見ながら、どんな車に搭載されるのか想像をふくらませてみよう。



By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】フェアレディZの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Wards 2012 10 Best Engines Photos Download Wallpaper

Related Gallery:2011 Ford F-150 engines

Related Gallery:DeLorean Legend Twin-Turbo Prototype Engine

Related Gallery:Ford Mustang Boss 302 Crate Engine

Related Gallery:Ford 1.0L Engine in a Suitcase Photos


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 10 05

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 10 04

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 10 03

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 10 02

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 10 01