【ビデオ】世界トップレベルのスケートボーダーの愛車はR32型「GT-R」
カナダ・バンクーバー出身のケビン・ライマーは、メジャー大会での優勝経験が豊富なトップレベルのプロのダウンヒル・スケートボーダー。そんな彼の愛車は、1991年製の日産「スカイラインGT-R」だ。今回は、ライマーがGT-Rの魅力と、同車との間に感じた「縁」を語っているクラシックカー専門サイトが制作した映像『Racing Champions』をご紹介しよう。

1991年製の同車はスカイラインGT-Rの3代目にあたるR32型。最高出力276hp 、最大トルク36kgmを発揮するRB26DETT(2.6リッター直列6気筒ガソリン)エンジンを搭載している。ライマーによれば、レース仕様のグリップ力の高い幅広タイヤを装着しており、高速走行でのコーナリング時にも驚くほど安定した走りを実現しているという。また、彼が愛車に求めるものは、トラクションの良さだそうだが、GT-Rは最高の車だと評している。



また、ライマーとGT-Rには、意外な共通点がある。彼は2009年にオーストラリアのバサースト郊外にあるマウントパノラマサーキットで開催されたIGSA世界選手権で優勝したのだが、1991年に同サーキットで行われたツーリングカー選手権Tooheys 1000で、GT-Rも優勝を飾っていたのだ。ビデオのタイトルどおり両者ともに「チャンピオン」だったわけだが、この事実を知った時、ライマーは同車との不思議な縁を感じたという。

それでは、ライマーが、スケートボードとGT-Rで渓谷の道路を疾走する様子を、ビデオでご覧いただきたい。



By Seyth Miersma
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】GT-Rの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Mini New Originals contest

Related Gallery:ÐÂÐÜè iMac ¿ªºÐÕÕ£¡

Related Gallery:Acer easyStore H340 Windows Home Server eyes-on


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Qualcomm twins show girls

Related Gallery:Microsoft Code Space

Related Gallery:CUPP PunkThis hands-on

Related Gallery:Shuttle tablets at Computex 2011

Related Gallery:Lytro Lightfield Hands-On