Related Gallery:XpertTouch, el ratón más estiloso de Trust


昨年の北京モーターショーで初公開されたランボルギーニSUVコンセプト、「ウルス」の市販化スケジュールが決定したという情報をキャッチしたのでお伝えしよう。

ウルスの情報が発表されたのは、先日開催されたランボルギーニの創立50周年記念イベント「グランデ・ジロ」。このイベントに出席した英の自動車専門誌『EVO』の編集長ハリー・メトカーフ氏が、「ウルスの2017年の市販化が決定したと、11日夜の50周年ガラ・ディナーで発表された」とツイートした。

ランボルギーニCEOのステファン・ヴィンケルマン氏によると、ウルスは「普段使いできる初めてのランボルギーニ」をコンセプトとしたSUV。昨年末の段階では、親会社であるフォルクスワーゲンの最終的な承認が得られていなかったが、開発は進められていたようだ。

そして今年に入り、ウルスの発売に向けた動きが活発化している。2月に、ランボルギーニはウルスと思われる車のデザインについて中国で特許を出願。3月には、アウディCEOのルパート・スタッドラー氏が「現在の生産サイクルを考えると、ランボルギーニはウルスを2017年に発売するべきだ」と発言したという記事が英自動車メディア『Autocar』に掲載された。ウルスに採用される次世代プラットフォームMQBは、次期型のアウディ「Q7」やポルシェ「カイエン」、フォルクスワーゲン「トゥアレグ」と共有される予定で、スタッドラー氏の「生産サイクル」という発言は、それらの車との兼ね合いを考え言及したとみられる。開発にかかる時間も考慮すると、ウルスが2017年モデルとして店頭にお目見えするのは、2016年中になりそうだ。また、アメリカの車情報サイト『Car and Driver』によると、ランボルギーニは中国でウルスの販売数を伸ばしたい考えで、価格帯は15万~20万米ドル(約1500万~2000万円)とみられている。

これだけ具体的な情報が出てくるということは、ウルスの発売が確実になってきたという証拠だろう。更なる続報が入り次第、またお伝えしたい。

By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

関連記事:
【パリモーターショー2012】ランボルギーニのSUV「ウルス」はVWのゴーサイン待ち!?
【レポート】市販化決定!? ランボルギーニが「ウルス」の特許を出願

Related Gallery:XpertTouch, el ratón más estiloso de Trust


【PR】ウルスの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Miix 2 10 hands on

Related Gallery:Porsche Boxster GTS

Related Gallery:Doga, or Yoga for Dogs, Is Coming to a Studio Near You


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:ASUS Padfone first hands-on

Related Gallery:Asus Eee Pad MeMO hands-on at Computex 2011

Related Gallery:ASUS Eee PC X101 hands-on

Related Gallery:ViewSonic ViewPad 7x

Related Gallery:Qualcomm twins show girls