Related Gallery:


2010年に、空飛ぶバギーカー「マーベリック」についてお伝えしたのを覚えているだろうか? アメリカの非営利団体I-TECが開発した同車は、リバース・タイプのプロペラを使用したエンジンと、取り外し可能なパラシュートによって空を飛ぶ。2010年6月にアメリカ連邦航空局(FAA)によって実験の認可を受けて以来、テスト飛行を続けていたが、そんなマーベリックが墜落事故を起こしたというニュースが飛び込んできた。

事故が起きたのは、カナダのブリティッシュコロンビア州バーノン市。事故を起こしたマーベリックを操縦していたパイロットのRay Siebring氏によると、彼と同乗者を乗せたマーベリックが、バーノン市の空港に着陸しようとしていたところ突然、機体が左へ急旋回し、らせん降下を始めた。何とか体勢を立て直したものの、すでに機体は地面近くまで降下しており、同氏は墜落を覚悟。しかし、真下に学校の校庭が見えたため、何とかエンジンの出力を上げながら、校庭に着陸を試みた。しかし、マーベリックは校庭のフェンスを突き破り、奥に立っていた木に衝突。幸いにも2人は軽傷で済み、被害も最小限に抑えることができたという。

事故は残念だが、マーベリックが大空を舞う映像を用意したので、ぜひ本来の優雅な姿をご覧いただきたい。



By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】マーベリックの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:


<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:'Pawn Stars' celeb Rick Harrison

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Windows Phone 7 platform updates from MIX 11

Related Gallery:GE VSCAN

Related Gallery:Nikon D5100 HK Press Con

Related Gallery:USB COOL

Related Gallery:Motorola Xoom China

Related Gallery:Fujitsu LOOX F-07C could be phone with Windows 7 and Symbian

Related Gallery:AUO's 71-inch Cinema Scope 3D LCD panel eyes-on

Related Gallery:Android at Home