本日、第43回東京モーターショー2013が東京ビッグサイトにて11月に開催。国内メーカーは14社、15ブランド、そして海外からは18ブランド(乗用車・商用車)が出展することがプレスリリースにて発表されました。

開催期間は、2013年11月22日(金)から12月1日(日)までで、(一般公開は11月23日(土)から)とし、2011年の前回ショーに引き続き東京ビッグサイトの全ホールを使用するとのことです。

今回は、「世界にまだない未来を競え。」"Compete! And shape a new future."をテーマに、乗用車、商用車、二輪車、カロッツェリア、車体、部品・機械器具関連製品、自動車関連サービスを含む総合ショーとして開催します。
東京モーターショーを中心に、お台場エリア全体がクルマ・バイク一色に染まるとし、前回に引き続き"SMART MOBILITY CITY 2013"を開催する予定。CEATEC JAPAN 2013ならびに、ITS世界会議東京2013と連携し日本の元気を発信。

出展の詳細は下記の通り。更に詳しい情報は公式でご確認ください。

■乗用車
ダイハツ、ホンダ、レクサス、日産、マツダ、三菱、スバル、スズキ、トヨタ

アルピナ (ドイツ)、AMG(ドイツ)、アウディ(ドイツ)、BMW(ドイツ)、シトロエン (フランス)、ジャガー (イギリス)、ランドローバー (イギリス)、メルセデス・ベンツ(ドイツ)、MINI(ドイツ)、プジョー (フランス)、ポルシェ (ドイツ)、ラディカル (イギリス)、ルノー (フランス)、スマート (ドイツ)、フォルクスワーゲン (ドイツ)、ボルボ (スウェーデン)

■商用車
日野、いすゞ、三菱ふそう、UDトラックス
ヒュンダイ(韓国)、ボルボ・トラック (スウェーデン)

■二輪車
ホンダ、カワサキ、スズキ、ヤマハ、KTM(オーストリア)

今年の新企画としては、プレビューナイトというイベントが実施されることでしょうか。この催し物によって、新たな魅力をショーに付加していくことが目的です。実施日は特別招待日(11月22日金)の 17:30~20:00に予定しているとのこと。公式サイトによりますと、入場者を10,000人(予定)に限定し、東京モー ターショーをゆったりと見ていただこうという趣旨。入場料は3,000円(中学生以上は入場券が必要、小学生以下は保護者同伴で無料)に設定。 販売時期・方法については東京モーターショーオフィシャルWEBサイトにて本年7月頃に発表予定。

去年Autoblogの本家USチームが、年々東京でのショーが地味になっていくのを気にしていましたが、今年のモーターショーはそんな海外の人々の気持ちを払拭していくれる力はあるのでしょうか。新企画も盛り込まれることですし、モーターショーを楽しみにしている人はたくさんいるはずです。開催までの動きもしっかりチェックし、AutoblogのJapanスタッフも世界に向けて(の心意気で)情報を発信していく予定です。

公式サイト:東京モーターショーブランドリスト

関連記事:【レポート】ますます地味に!? 来年の東京モーターショーの目玉は"ハイテク"

【PR】チケットの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:Prueba Smart ForTwo (II)

Related Gallery:Fiat Linea 2008

Related Gallery:Opel GTC

Related Gallery:Mercedes-Benz GLK Vision TOWNSIDE


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Kia Picanto

Related Gallery:Mazda Ryuga

Related Gallery:Mazda Hakaze

Related Gallery:Speed Racer (Meteoro)

Related Gallery:Maserati GS Zagato