ランボルギーニ、1人乗りスーパーカー「エゴイスタ」の画像と情報を正式発表!
昨日ご紹介したランボルギーニの1人乗りスーパーカー「エゴイスタ」について、新たな画像とさらに詳しい情報が正式に発表されたのでご紹介しよう。

Related Gallery:Lamborghini Egoista

 
イタリア語で「利己主義者」を意味する「エゴイスタ」と名付けられたこのスーパーカーは、フォルクスワーゲン・グループ全体のデザインを統括するワルター・デ・シルヴァ氏が、創立50周年を迎えたランボルギーニに敬意を表し、ワンオフで製作したものだという。「イタリア人である私は、ランボルギーニというイタリアのブランドに非常に強い愛着を感じています。だから私はその敬意を表すと同時に、これまでランボルギーニがいかに情熱によって、"頭"よりも"心"で創作されていたかということを強調するクルマが作りたかった」デ・シルヴァ氏は興奮した様子でそう語ったという。



そんなデ・シルヴァ氏の指揮の下、エクステリア・デザインは彼の片腕ともいえる同じイタリア人のアレッサンドロ・ダンブロシオ氏が担当。ボディ・サイドのプロフィールは、相手に対する攻撃に備えて頭と角を低く構えた力強い闘牛の姿をイメージしているという。もちろんそれは、ランボルギーニのエンブレムに描かれた「レイジング・ブル(猛牛)」への表敬でもある。

鋭角的なフロントは、中央と左右の3つのパートに分かれており、これは「スピード・レーサー」として海外でも知られる日本の「マッハ号」からヒントを得た...わけではなく、トリマランと呼ばれる三胴船(主船体と両脇の副船体をデッキでつないだ船)の形状を応用したもの。左右の前輪を収めるフェンダーと、カーボンファイバーの素地が露出したフロント・フードとその後ろにあるコクピットにつながるセンター・セクションで構成されている。



ボディ上面にはスポイラーやリア・ウイングのような空力的な付加物は一切装着されず、代わりにボディ後部に2つの可動式フラップが備わる。高速走行時にはこれが自動的に持ち上がることでダウンフォースが増加し、安定性が向上する。

ボディ・パネルで覆われることなく完全に開放されたリア・エンドは、軽量化に一役買うと同時にメカニズムを露出させてアグレッシブな見た目を演出。エンジン・フードには600馬力にチューンされた「ガヤルド」譲りの5.2リッターV型10気筒エンジンに大量の空気を送り込むエア・インテークが開けられている。

フロントには一見ヘッドライトが見当たらず、暗闇の中では左右2つの白いLEDポジション・ランプと、リアの赤いテール・ライトおよび中央のフラッシュ・ライト、「猛牛の目」にあたるオレンジ色のサイド・マーカー、ルーフに付けられた左に赤、右に緑のランプで "自機" の存在を立体的に示す。このアイディアは航空機から借用したものだとか。もちろんそれだけでは運転に必要な視界前方が照らせないので、実はフロントのセンター・セクションとサイド・セクションの間にあるエア・インテークの後ろに、2つのキセノン・ヘッドランプが隠されている。

リムがオレンジ色で塗られたホイールやボディのフィニッシュには、「アンチレーダー素材」が用いられているという。本物の軍用機でもないのに果たしてその必要があるのか、とは思うのだが、公道を走行していても "レーダーに引っ掛からない" ということは御利益があるのかも知れない(!?)。



カーボンファイバーとアルミニウムで作られた1人乗りのコクピットは車体から分離可能な構造となっているそうで、オレンジ色のドームはアンチグレア(反射防止)が施されている。この辺りはご覧の通り、自動車というより航空機に近い雰囲気だが、中でもアメリカの攻撃ヘリコプター「AH-64」" アパッチ" からインスピレーションを得ているそうだ。

かつてアウディのデザイン部を率いていたシュテファン・ジーラフ氏が手掛けたインテリアは、1人用のレーシング・シートとストラップが色分けされた4点式シートベルトを装備し、ドライバーの眼前には計器クラスタの他、ヘッドアップ・ディスプレイが備わる。コクピットから降りる際にはステアリング・ホイール...というか "操縦桿" を外してメーター・パネルの上へ置き、電動開閉式キャノピーを跳ね上げ、シートの上に立ってボディ左側の定められた位置(STEP HEREとマーキングされている場所)に座り、足を180度回して車外へ出し、同じくボディ・パネル上の定められた場所に足を置いて立ち上がるという動作を取る必要があるそうだ。ボディの「定められた場所」以外の部分に体重を掛けると大変なことになるに違いない。ランボルギーニ・エゴイスタは乗り降りする際にも「ドライバーというよりパイロットであることが求めるられる」と説明されている。



ワルター・デ・シルヴァ氏は次のように語っている。
「フェルッチォ・ランボルギーニ(創業者)ならこう言ったと思うんです。"エンジンは後ろに積め! 同乗者なんかいらない! 自分だけのために、自分の想像を形にしたいんだ!"とね。そんな熱狂的な人物のためのクルマ。それがエゴイスタです」

なお、このエゴイスタは「ランボルギーニがランボルギーニのために贈り物として製作したクルマ」であり、「誰のものでもなく、全ての人の夢であり続ける」という。つまり、一般オーナーに販売するつもりはない、ということらしい。

スーパーカーという概念を、レース由来のテクノロジーではなく、デザイナーの想像力によって一歩先に推し進めようとするエゴイスタに表れたランボルギーニの精神は、その歴史を考えれば確かに正統なものであると言うことが出来るだろう。それにしても、 "自動車を超えた" この先鋭的なコンセプトが、今後ランボルギーニの市販車にどれだけ(どこまで)反映されていくのか。大変興味深いところである。


Related Gallery:Lamborghini Egoista

 
【PR】ランボルギーニの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Lamborghini Veneno

 
Related Gallery:Lamborghini Aventador LP720-4 50 Anniversario: Shanghai 2013

 
Related Gallery:Lamborghini Aventador J

 
Related Gallery:Lamborghini Sesto Elemento Concept In Detail

 
Related Gallery:Lamborghini Aventador Roadster demonstration in Miami Photos

 
<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 10 05

 
Related Gallery:Tokyo autosalon 2013 girls 09 04

 
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 08 03

 
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 07 01

 
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 04 03