1967年型トヨタ「2000GT」が日本車史上最高値となる1億2000万円で落札!
Related Gallery:

今回はトヨタの名車「2000GT」が、クラシックカーを専門に取り扱うRM auctions社が行うオークションで、日本車として最高値で落札されたニュースをお届けしよう。

今回、落札された2000GTは、米テキサス州でも有名なカーコレクターが所有していたもので、落札価格は何とおよそ116万ドル(約1億1,800万円)。2000GTは全部で337台が製造され、そのうち米国で販売された左ハンドルは今回の車を含め62台とも言われている。ちなみに2011年3月のオークションで落札された同型の2000GTの価格は65万ドル(約6,600万円)だった。

2000GTといえば、日本初のスーパーカーと称され、世界で最も美しい車といわれるジャガー「Eタイプ」と同時期に生産された日本が誇るクラシックカー。最高出力150psの2.0リッター直列6気筒DOHCエンジンを搭載し、トランスミッションは5速マニュアル。最高速度は220km/hに達した。

今回の落札価格についてRM auctionsは、「今回出品された2000GTは最近出品された中で最も状態が良く、"デイトナ"の愛称で知られるフェラーリ365GTB/4やランボルギーニ ミウラと同等の価値がある」と語っている。


By Seyth Miersma
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】2000GTの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

Related Gallery:


<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:ipazzport KP-810-08

Related Gallery:Nissan Qashqai 1.6dCi

Related Gallery:

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Microsoft Code Space

Related Gallery:Art Lebedev Mini Six

Related Gallery:Art Lebedev Optimus Popularis

Related Gallery:CUPP PunkThis hands-on

Related Gallery:Shuttle tablets at Computex 2011