米の『The Washington Post』紙が、イラク、アフガニスタン戦争の帰還兵たちと自動車事故との関係について興味深い記事を発表した。帰還兵が命にかかわるような大事故を起こす確率は一般人と比較すると、なんと75%も高いという。

兵士が自動車事故を起こす確率は、戦場へ行く前よりも戦地に赴いた後のほうが高まり、継続的な任務を遂行した場合は、さらに高くなるそうだ。実際、帰還兵の交通事故死者数は、非戦闘活動における死因の中では自殺及び暴力行為に並ぶほどだという。

しかしなぜ戦争に参加した軍人たちは交通事故を起こしてしまうのだろう。我々がすぐに思い浮かべるのは、心的外傷後ストレス障害(PTSD)や酒酔い運転などだろう。ところが記事に書かれている要因は、少々想定の範囲外のものだった。

なんと帰還兵たちは、戦場で生き抜くために身につけたアグレッシブな運転の癖が抜けていないのだという。交差点だろうがお構いなしにガンガン飛ばし、車線をまたいだまま走行し、橋の上で平気で急ハンドルを切ってしまう。もちろんシートベルトは装着していない。これらの行動は、命が常に危険にさらされている戦場で生き抜くために養われたものだという。

今回の調査で、現役、退役軍人による高い事故発生率の原因の一部は明らかにされた。しかしこの記事を執筆したブラウン記者いわく、今回の問題は氷山の一角のようなもので、軍人に関する問題はまだまだ山積しているという。

By John Neff
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】アメリカ車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:'Star Wars: Episode VII': Actors Up for the Lead Role

Related Gallery:Brianna Brown

Related Gallery:

Related Gallery:Îå¸ö USB ¶Ë¿ÚµÄ Mac mini ¿ªºÐÕÕ¡¢¶¯ÊÖÍ棡

Related Gallery:Vivo X3 動手玩


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:AUO's 71-inch Cinema Scope 3D LCD panel eyes-on

Related Gallery:Android at Home

Related Gallery:Samsung Galaxy S II camera samples

Related Gallery:Samsung Galaxy S II user interface

Related Gallery:OPPO Android Phone New UI