オートブログでは、これまでロシアの車載カメラがとらえた様々な映像をお届けしてきたが、今回は、今までとは一味違う映像をご紹介したい。

一般的にロシアでは、トラブルから自分の身を守るために実に多くの人々が車載カメラを設置している。そのため、伝えられる映像も、事故や犯罪、ハプニングといったものが多かったのは皆さんご存知の通り。



しかし今回YouTubeにアップされたこの映像には、車の行きかう道路を横断できずにいる老人を見かねて手を貸してあげる人、車道に飛び出した動物に道を譲るため車を停車させる人、スタックして動けなくなってしまった他人の車を牽引してあげる人など、善意の人々の姿が次々と映し出されている。米国側のFacebookのシェア率は600を超え、コメントも60近くついている(日本時間10日13時時点)。その多くは感動したといった内容のものだ。

それでは早速、心温まる5分間の映像をチェックしてみよう。「世の中捨てたもんじゃない」と思わせてくれること請け合いだ。




By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

<日本編集部追記>
5月10日13時update 画像を追加。米国の反応も追加しておきました。

【AOL News】見るとこの国のイメージが変わる!? 車載カメラが偶然とらえた事故...ではなく親切コレクション

【PR】ロシア車の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!


<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Woodward 2009: Google Street View camera car

Related Gallery:Ural Icon 1000 Quartermaster Photos

Related Gallery:2010 Ural Patrol T Review Photos



<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 02 02

Related Gallery:tokyo autosalon 2013 girls 02 01

Related Gallery:tokyo-autosalon-2013-girls01-03

Related Gallery:tokyo-autosalon-2013-girls01-02

Related Gallery:tokyo-autosalon-2013-girls01-01

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-008-04

Related Gallery:tokyo-auto-salon-girls-008-03