携帯端末と車のインフォテインメントシステムの関係は常に変化しているようだ。関係筋によるとアップルは、iPhoneやiPadなどのiOSデバイスを車に直接接続できる最新のセンターコンソールを開発しているという。

詳細はまだ不明だが、このセンターコンソールが実現すれば、車載ディスプレイはiOSインターフェースとなり、マップアプリやSiri対応のサービスに直接アクセスが可能となる。将来的にはアップルのデバイスを介してリアルタイムで車両診断ができるようになるかもしれない。

独自の車開発を認めただけでなく、iPodやiPadの車への接続タブレット用のオーナーズマニュアルの開発、車専用アプリを複数の自動車ブランドに提供するなど、これまでも車との連携システムを模索してきたアップル。しかし同社が目指すのは、一歩踏み込んだインフォテインメントシステムの開発のようだ。

By Michael Harley
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】林檎の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:

Related Gallery:Samsung YP-M!


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:old dv6 Bench

Related Gallery:Rockchip Android TV R-BOX

Related Gallery:Rockchip android 2.3 29xx tablet

Related Gallery:HTC Sensation 4G

Related Gallery:HTC Sensation 4G preview!

Related Gallery:HTC Sensation versus Incredible S and Desire S (hands-on)