今回は、マツダ「MX-5 ミアータ」(日本名:ロードスター)にV8エンジンを搭載しようとした男に起きた悲劇をご紹介しよう。

男性がミアータに、シボレーのV8エンジンとキャブレターを取り付け、スターターでエンジンをかけようと試みた。と次の瞬間、エンジンから炎が。炎はみるみる広がり男性は慌てふためく。最終的には、どこからか園芸用ホースを持ってきて水をまき、なんとか鎮火に成功。最悪の事態は免れた。

火災の原因はどうやらキャブレターからの燃料漏れだったようだ。このような予期せぬ火災に備え、皆さんがお持ちの消火器の使用期限をぜひこの機会に確認してみてほしい。この映像の男性のように消火器を持っていないという方には、用意しておくことを強くお勧めしたい。

ではハプニングの一部始終をビデオでチェックしよう。


By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ロードスターの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:Garmin en el CES 2014

Related Gallery:

Related Gallery:Ion digital conversion turntables

Related Gallery:

Related Gallery:


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:ASUS Eee PC X101 hands-on

Related Gallery:ViewSonic ViewPad 7x

Related Gallery:Qualcomm twins show girls

Related Gallery:Vodafone charging truck

Related Gallery:CUPP PunkThis hands-on