Related Gallery:Testing the Airbus A350


ルノーは、4月9~14日までイタリア・ミラノの美術館"トリエンナーレ"で開催された"デザインウイーク"で、コンセプトカーの「トゥインズィー(TWIN'Z)」を公開した。「トゥインズィー」は、イギリスの有名デザイナーのロス・ラブグローブ氏とのコラボレーションで作られたEVのタウンコミューターだ。


ボディサイズは全長3627×全幅1705×全高1506mm、現行の「トゥインゴ」が全長3700×全幅1690×全高1460mmということで、よりワイド&ローのプロポーションへ進化している。EVモーターの最大出力は50kW、最大トルクは226Nmとなっている。重量は980kgと軽量なので、動力性能としては充分であろう。


家具の世界を自動車で表現したというデザインは、クローゼットのような電動式の観音扉がセンターピラーレスの構造と相まって一体感のあるインテリアに再現されている。宇宙から見た地球をイメージしたアースブルーのカラーリングが美しい。


フロントグリルのルノーエンブレムから左右に延びフロントピラーからリアにLEDのラインが「トゥインズィ」のエネルギーを表現しているとのことだ。

このままの姿で次期型「トゥインゴ」が登場することはないだろうが、エッセンスが盛り込まれるのは間違いない。市販車がどのようなスタイリングになるのか楽しみにしたい。

公式ビデオはこちら。

【PR】トゥインゴの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!
Related Gallery:Testing the Airbus A350


<関連フォトギャラリー>
Related Gallery:LG Versa con Verizon el 1 de marzo

Related Gallery:Car Emergency Items

Related Gallery:Inside the Automated Beach House

Related Gallery:

Related Gallery:ZTE V880 Hands on


<人気フォトギャラリー>
Related Gallery:Galaxy / Nexus Android-Familienfeier

Related Gallery:eFun aPen A5: Hands-On

Related Gallery:Lytro Pressebilder

Related Gallery:Samsung Galaxy Nexus Hands-On

Related Gallery:Droid RAZR vs Droid Incredible 2 vs iPhone 4 vs LG Marquee